男性上司の本音

こんばんは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

「全然、スキがないよね。」

全く意識はしていませんが、
よく言われます。

【自分の身は自分で守れ】

と言う幼い頃からの
変な自己防衛本能かもしれません。
たくましく育ったものだ。。。

くーーー!!!
だから男が近寄ってこなかったのか!!!

そんな私も、
仕事においては、
あまいスキを与えてました。

<男性上司の扱い方>

まだ入社4年目の頃でした。
30歳前ですね。

あるおっちゃん上司との面談の一コマ。

「仕事を頼み過ぎていないか?
 みつみねにお願いしていいのかどうか、
 正直迷ってる。大丈夫か?」

30前の私といえば、
お仕事ブイブイ時代で、

少しでも仕事を頑張って
認められようとしていた全盛期。

「もちろん、大丈夫ですよ。
 気を遣わず言ってください。」

その上司はほっとしたようで、
本音を漏らし始めました。

「いやー、本当に女性の部下は
 どう接したらいいか迷うんよね。」

いろんなタイプの女性がいるけど、
ざっくり言うと2つのタイプ。

この2つのタイプが
正反対過ぎて、戸惑うようです。

・男性と同じように仕事をお願いした方が
 「私頑張る」と伸びるタイプ
 (逆にお願いしないと怒るタイプ)

・男性と同じように仕事をお願いすると
 「なぜ私?」と怒るタイプ

きっと後者の女性に
何度も苦しめられてきたんでしょうね。

私はもちろん前者側の女性。
後者の女性の存在は
全く気にもしていませんでした。

男性中心の社会で仕事をして、
男性と対等に、
いやそれ以上に評価されるためには、

「私にお願いしても大丈夫ですよ」

と言う、
受け入れる姿勢を持たないと
いけないんだな。

そう悟ったのです。

恋愛に置き換えると
「隙」と言うものでしょうか?

男性に、
「お、あいつ、落とせるかも!」
と言う「隙」を見せないと、

「お、あいつに、仕事任せよう!」
と言うことにならない。

意外に男性は臆病で、
こんなちまちましたことに気を遣うくらいなら、
男性部下に任せた方が楽だと逃げてしまうんですね。

特にバブル上司に多い傾向なのでしょうか。

これに気づいたおかげか、
私は「男性にばかり重要な仕事を奪われる(怒)」
と言う悩みは全くありませんでした。

逆に、
「いつも時流に乗った仕事してるよな!」
と同期から言われるくらい。
ちょっと隙を見せ過ぎたかな。。。

いずれにしろ
コミュニケーションがあっての話ですから、
苦手な上司ともまずはコニュニケーションを。

上司もいろんなタイプがいるでしょうし、
長年連れ添った夫婦でもない限り、
言葉にしないと伝わりませんから。

あ、あなたが前者のタイプの
女性なら、、、ですが。。。

 

<ご案内>

①和然旅塾のプレセミナー

 福岡で開催します。

 

□日時:①10月26日(木) 18:30-20:30 

     ②10月27日(金)   18:30-20:30

□場所:博多駅近郊

□申し込み、詳細はこちらから

□申込締切日:10月22日(日)まで

□定員:最大6名

 

 

②磨女道メール講座

 無料で自宅で学べます。

詳細はこちら

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます