大人になると習い事を始めたくなるのはなぜ?

こんばんは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

今朝は目覚ましに全く気付かず、
気持ちよーく目が覚めました。

軽く寝坊しかけたってことなのですが、
目覚めがさわかやでした。

それもこれも、
ベリーダンスのレッスンを復活させて、
普段動かさない筋肉を動かしたから

と思ってます。

昨日レッスンに行って、
軽く(←強がり)筋肉痛。

全然動かない筋肉を
無理矢理動かそうとするのは
顔だけ真剣な滑稽な動きでした。

さて、
私は社会人になってから、

興味があることには
迷わず手を出しまくってきたわけですが、

入社後、
約5〜6年くらいは仕事仕事仕事。

交友関係も会社の先輩や同期、
そこから繋がる異業種交流などに
明け暮れておりました。

気づけばお金がなくなっており、
慌ただしく無我夢中で
生きてきたように思います。

27、8歳の時に、
仕事の要領がつかめ出し、
人間関係も一通り構築され、

少し余裕ができるんでしょうね。
お金にも、時間にも。
次は、

自分のために
自分磨きために
時間を使いたい!

と、外へ外へと
赴いてていくことになるのです。

その大人になってから
私が数々渡り歩いた習い事について、
振り返るとまあたくさんありましたので、

成功例、失敗例を交えながら
しばらくご紹介して行きたいと思います。

にしても、
子供の頃は無理矢理通わされていた習い事。

なんで大人になると
自主的に行きたいと思うようになるんですかね?

=====================
私たちにとっての最高の瞬間は、
一般に、私たちの心または肉体が、
価値のある何かを達成しようとして
背伸びしている時に発生する。
=====================
Byミハイ・チクセントミハイ(心理学者)

私、無意識のうちに、
最高の瞬間、幸せを求めていたようです。

習い事をする、というのは、
幸せになるための一つの手段だと、
この言葉を見て思ったのでした。

ん?
そういえば、習い事をするのは
一般的に女性が多い気がする。

ということは、
女性にとって「仕事」や「会社」を
「価値のある」ものとみなしていない、

もしくは、「それだけじゃ価値が足りない」
と感じているのか。。。

そういや私もそうだった(笑)
なんだかスッキリ。

何か習ってみたいな、
と思っているあなたも、
それが心の本音というもの。

ぜひ、仕事だけに委ねるのではなく、
幸せになるために、
自分の時間を楽しんでくださいねー♫

習い事の成功例その1
ベリーダンスについてはこちらから

 

<磨女道メルマガ>

自分磨きをしたいと思ってるあなたへ。
内面磨きのプチ講座です。

 

内外共に磨けば、
それはもう最強な女性へ。

詳細はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます