仕事のためにゴルフを習ってみたら。

30歳独身女子、ゴルフを始める決意をする。

 

こんばんは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

気持ちの良い秋晴れの天気が多くなりました。

こんな天気にゴルフをすると
とっても気持ちいいだろうなー

大人の習い事特集。
しばらく花嫁修行的なことを書いてましたが、
今回はガラリと変わってゴルフです。

もうかれこれ、
1年半くらいクラブは握ってません。
(あ、意外に期間開いてませんね)

私は兵庫県生まれなのですが、
兵庫県はゴルフ場が多いことで
知られています。

北海道に次いで2位。

1位との差は20程度しかなく、
面積に占める割合で言えば
ダントツ一位じゃないでしょうか。

ちなみに日本最古のゴルフ場も、
兵庫県で、神戸ゴルフ倶楽部です。

父の田舎は神戸から山越えをしたところにあり、
私たちが帰省する道中はいつも、
山を切り崩してゴルフ場が建設されていました。

ちょうどバブルの頃ですかね。
当時私は小学生。

環境問題、地球温暖化が
学校の授業でも取り上げられており、
山を削ってまでする遊びってどうなのよ!!!?

と車の中でブツブツ文句を言い、
ゴルフに出かける父親を
軽蔑の眼差しで見ていました

今考えると、
怖い小学生です。。。

そんな私が、
30歳を機にゴルフデビューをします

おとん、
あんなにひどいこと言ってたのに
ごめんよ。。。

なぜ30歳なのか???

営業をしていた私は、
お取引さまとのお付き合いのためにも
ゴルフはできるに越したことがないと言われてました。

仕事のスキル、
資格の1つみたいなもんです。
(時代遅れな感じがしますが事実です)

飲み会でのおじさんとの会話は、
ゴルフの話題ができれば
一気に距離が近くなると言われていました。

なので当時の上司にも
評価面談で、

「それはそうと、いつゴルフ始めるの?」

と毎回言われていたくらい。

誘われるのは感謝すべきことですが、
プライベートな時間が減るやん。。。

その時の私の返しはいつも
「30歳になったら始めまーす!」でした。

20代後半の年頃の女性は
美容にオシャレに恋愛に、
お金はいくらあっても足りないくらい。

やりたいことはたくさんあるし、
ゴルフしか楽しみがないおじさんとは、
お金をかける優先順位が違う!

道具にウェアにプレー代に、
その分のお金があれば、
旅行にも行けるやん!

そう思ってましたが、
頭ごなしに断るのもなんなので、

とりあえず時間稼ぎをして
30歳から!と逃げてたのです。

まだ2年あるしねー

と思ってたら、
恐ろしいくらい早いスピードで
時は流れるのですね。。。

30歳になった私は、
「女に二言はない!」ということで、
覚悟を決めて始めることにしたのです。

とはいえ、
幼い時にプロゴルファー猿の
おもちゃのクラブしか握ったことはなく、

コースに出るのであれば
周りに迷惑はかけられない!!!

フォームに変な癖がつかないよう、
最初が一番肝心だと思い、
金にものを言わせてゴルフレッスンへ駆け込んだのでした。

30歳独身女子、ゴルフレッスンへ通う。

 

男性って、
女子に何かを教えるのって、
好きですよねー

これはね、こうなんだよ。
これはね、こうしてするんだ。
これはね、こうだからだよ。

なんで標準語にしたのか、
書いてる自分が気持ち悪いですが、

関西弁に置き換えると、

これは、こーやねん。
これは、こーやんねん。
これは、こーやからや。

と、こんな感じです

こう見ると
「ん」と「や」、ばっかし(笑)
理解できました?

さて、私のゴルフデビュー戦に向けて
ゴルフが上手な先輩に
教えてもらってもよかったんですが、

練習後にご飯とか、
お付き合いが面倒臭いなと思って
一人でレッスンへ通うことを決めた私。

「○月○日までに
 コースデビューできるようにしてください!」

期限と達成レベルを伝えて、
いざスタート。

先生は元プロアマ?の
母親と同じ年齢のおじさん先生。

イケメンで
ボディタッチにドキッとして、
何か始まっちゃったらどうしよー

という不安、いや、
甘い期待は早々に砕かれてました。
安全安心な環境ということですが。。。

月4回、12,000円。
ボール代は別(確か50球500円)で、
時間制限なし。

というレッスンが始まります。

東京一人暮らし。

車は助手席専門だった私は、
レッスン場の打ちっ放しまで
チャリンコで通ってました。

そう、プロゴルファー猿のように、
クラブを背中に背負って。

一回クラブがタイヤに引っかかって、
ド派手に転倒したこともありましたが、

毎週末エッサエッサと
レッスンに通ってました。

そのかいあって、
まあまあ綺麗なフォームで
大好きな7番アイアンばかりを使い、

無事デビューを果たすのですが、
これがまあ、気持ち良かったこと。

仕事に明け暮れていると、
外で運動する機会はほぼなく、

ましてや東京、
山や緑に囲まれることが少なくなり、

ゴルフ場の環境が
とても空気が美味しくて
癒されることに気づいたのです。

そら、山を切り開いて作ってるんだから、
当然っちゃ当然なのですが。

またコースを回りたい!

というゴルフモードに一気に切り替わり、
月12,000円を約2年ほど払い続けました。
ざっと50万くらい??

これにプラスして、
交通費やプレー代や新しいウェア代など、
ドバーッとお金が出て行きました。

これでスコアがグーーーンと伸びていれば、
申し分なかったのですが、

金をかけた割には
スコアは全く悪いままで、
130〜140をうろちょろ。

ベストスコアは110です!
結局100は切れず。

(ゴルフはボーリングと違って、
 数が少ない方が上手。)

まあ、あまり上手すぎると、
男性ウケ良くないし、
これくらいがちょうどいい。

と自分に言い聞かせ、
結果オーライとしてました。

実際、ゴルフが苦手な上司と回っても、
下手くそな私がいることで機嫌も良く、
幾分ホッとされてましたし。

スコアは全く良くならなかったものの、
少なくともゴルフの楽しみというものは
味わうことができ、

おかげさまで、
おじさま相手の営業の仕事は
社内外問わず円滑に進み、

趣味と仕事を混同させたような
当時の投資はありだったと、
思っています。

付き合いで仕方なく始めたゴルフが、
楽しみに代わってブームとなり、
熱が冷めて去っていく。

ゴルフに限らず、
習い事あるあるですね。

その時のタイミングで、
夢中になるものは変わるのですから、

今あなたが興味のあるものに、
投資することをおすすめします。

タイミングを逃しての投資は無駄金ですが、
今必要なものへの投資は、
生きたお金となると思うのです。

(そう言い聞かす。。。)

 

レッスンの辞めどき、完全に逃す。。。

 

振られるより、
振る方が辛い。

私は断ることがとても苦手です。
典型的なお人好し日本人。。。
あなたはどうですか?

ゴルフのレッスン、
投資をしてでも
習ったことは後悔していないのですが、

本音を言えば、
もう少し早く、見切りをつけられれば
良かったと思っています。

早く繰り上げられなかったのには、
理由があります。

このおじさん先生は、
30歳女子をかなり可愛がってくださり、
ご飯をよくご馳走してくれました。

(もう一度言いますが、
 残念ながら
 母親と同じ年齢の先生です)

だから余計、
辞めづらくなったんですね。

いつも言い出せなくて、
タイミングを逃して、
かなり悩んで、

結局、何か理由を作って
手紙を出して辞めた気がしますが、
その理由は忘れちゃいました。

あんなに当時は深刻だったのに。。。

今思うと、習い事の先生は、
辞められることになれっこなので、
そんなに気にする必要はなかったなってこと。

急に来なくなる人なんてザラなのに、
手紙まで書いて辞めるなんて、
丁寧すぎるくらいでした。

なのできっと先生も、
手紙を見て喜んでくれただろうと思います。

自分に非があったわけではない、
ということがわかるだけでも、
先生にとっては救いですもんね。

いつかは辞める習い事。

「辞めます」と、
たった1回伝えるだけでいいのに、
何日苦しんだ事やら。

勿体無い。。。

習い事に限らず、
よくない恋愛も、
もう潮時かなと思ったら、

相手のことは考えず、
自分のことだけ考えて
そして次に行く!

それでいいと思います。

↑またもや自分にも言い聞かせてます。

 

30歳独身女性がゴルフを始めた感想

 

記事が書き上がったー
と思ったら、
保存してなくて全て消えた。。。

ショックです。。。
さて、気を取り直して、、、

で、ゴルフってどうなの!?

という30歳独身女子のゴルフを始めた
感想をまとめました。

<ゴルフを始めて良かったこと>

・ゴルフをするというだけで、男性にモテるようになったこと。
 (お誘いじゃんじゃん)

・未知の分野に突入することで、大人になったと感じたこと。
 (あ、なんか私、大人の世界に仲間入り?みたいな)

・身体を動かして気分転換できたこと

・仕事の人間関係が広がったこと。
 (強面不機嫌おじさんとの距離が近くなりました)

・ゴルフのマナーやルールを学べたこと。
 (ダンディーなおじさまは丁寧に教えてくださいます)

・男性やおじさんがゴルフが好きな理由が少しわかったこと。
 (亡き父の気持ちも少しわかったかな)

・ゴルフネタがわかることで飲み会が退屈でなくなったこと。
 (これは意外におっきい)

・女子だけで軽井沢や那須へゴルフ旅行へ行ったこと。
 (SEX AND THE CITY かのごとく4人で出かけました)

・親戚とコースを回って親戚づきあいも深まったこと。

総じていうと、

ゴルフという「経験」によって、
視野も人脈も人生の楽しみ方も
一気に拡がったって感じかな。

あなたの周りに
ゴルフ好きの男性が多いようなら、
ゴルフを始めるメリットは多いのではなでしょうか?

あ、その前に、
嫌だったことを言っておかないと。。

<嫌だったこと、後悔>

・お金がプワーット飛んでいく
・やたら誘われるようになり断るのが苦痛

限られた週末の貴重な時間、
いくらゴルフ好きでも、
一緒にいたくない人と回るなんて、

苦痛以外の何物でもないですし、
イライラしてお肌にも悪い。

まあ、これが一番面倒で、
実際ゴルフをしていても
それを隠している女性は多いですもんね。

なので、
私なりの基準で厳選しておりました。

が、気がついたのは、
お誘いトークの大半は、
社交辞令的なものだということ。。。

ってことは、
モテてたと感じたのは錯覚(笑)

なわけで、
自分なりの優先順位をしっかり決めて、
それを貫き通せば、

相手のためにも
自分のためにもなる。

ということ。

一番やってはいけないのは、
どっちつかずの
思わせぶりな態度ですね。

あ、これは恋愛でも同じ。
両方不幸になります。。

というわけで、
ゴルフネタ長くなりました。

こまめに保存していたので、
今度は記事が消えずにすみました(笑)

それなりに自己投資をして、
自分で稼げるうちにゴルフを始めちゃうのは
ありだと思います。

少なくとも
視野は広がると思うので。

大人の習い事特集。
大人は何でも自分の意思で選べて、
やっぱり楽しい。

子供の頃のイヤイヤ習い事とは
えらい違いだわ。

さて、次回をお楽しみに。

<ご案内>

視野が広がる
和然旅塾の磨女道無料メール講座はこちらからどうぞ

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます