頭痛を緩和させるためにヨガを始めて見た結果。

こんばんは。

学びのリトリート塾 
和然旅塾のみつみねななです。

頭が痛い。。。
吐き気がする。。。
目が重たい。。。

昨日はこの症状に見舞われ、
夜はノックダウンしてました。

あまりにも痛いので、
ツイッターで「頭痛」って検索する
自分でも謎な行動に出たところ、

まー、たくさんの人が、
「頭痛い」とつぶやいていること。。。

みんな
スマホなんか見ずに、
ゆっくりすればいいのに、

私含めスマホに依存しちゃうなんて、
そら頭痛も治らんわ。。。(笑)

私の頭痛は緊張性頭痛なので、
寝ても治るものではなく、
運動をしないといけないんですよね。

この頭痛軽減のために始めたのが、
「ヨガ」でした。

友達の

「お茶やお華なんて習うくらいなら、
 肩こりひどいんやし
 健康のためにヨガでもすれば!?」

の一言で、
今でも継続しております。

ここ二日ほど、
ヨガをお休みしていたので、
頭痛に見舞われたようで、

今朝はいつもより長めバージョンをこなし、
調子復活です。

私のからだ、なんて素直なの。。。

さて、私が「ヨガ」を始めて知ったのは、
小学校3年性のとき。

友達のお母さんが、
ヨガが趣味で、いつも姿勢よく、
元気で明るくって、

子ども心ながら
「ヨガっていいのかねー」って
ぼんやーり思ってました。

当時はちょっと宗教っぽいと
思われていたようですが、

今考えると、
軽く30年前なので(きゃー!)、

そのお母さんはかなり流行りの先端を
走ってたってことですよね。
すごい。

私はインドやスリランカで、
「おおー、これがあのヨガかー」
と、なまった英語でレッスンは受けたものの、

日本ではヨガを習慣化していなかったので、
ヨガ教室を探し始めました。

⇩あ、こちらインドでまさかの3点倒立チャレンジ中の絵

行動に出れば早いもので、
ホットヨガ教室をチャリンコで行ける範囲に見つけ、
早速通い始めます。

そこはホットヨガ教室でありながら、
シャワーがないという、
ちょっぴりイケテナイ小さな教室。

ヨガ終了後のベッタベタに溢れ出る汗を、
ダラダラ垂れ流しながらチャリンコで帰る、
近所だからこそ通える教室でしたが、

お気に入りの「声」の先生に出会え、
仕事で脳をたくさん使っても
週末は毒素出しまくってスッキリしてました。

個人的な意見ですが、
ヨガの先生は「声」が大事。

一度代行の先生に当たって、
その先生の声が
元気すぎてうるさすぎて、、、

私はリラックスしにヨガに来てるのに、
心休まらず
余計にストレスが溜まったことがあります。

自分に合う先生との出会いは
やはり大切ですね。

そして大人になると
自分の意思で選べるのが、
いいところ。

いつもその先生めがけて、
レッスンに通ってました。

おっとりと
品のある
優しい声。

今は、その先生とも
遠く離れてしまったので、

一人、部屋でマットを引き、
自分の好きな時間に、
好きなだけヨガを楽しんでいます。

時間を誤ると、
スーーーっと深呼吸してる時に、

「ぶーーーーん」

と掃除機の音が鳴ったり、

「ピンポーーーン」

と邪魔が入ったりするのが、
デメリットといえばデメリットですが、

自分のペースでできる簡単さが、
ヨガの素晴らしいところです。

そういえば、
スリランカ人のガイドさんも、

ヨガする時間がない日でも、
朝窓を開けて大きな深呼吸を毎日してるよ。
それで一日元気に過ごせるから。

と言っておりました。

頭痛になっても
スマホを見てしまう日本人。。。

せめて深呼吸して
良い空気を吸うことをしなければ。。

頭痛を緩和するのは、
意識的に習慣を見直すしかないなと
再認識したのでありました。

<ご案内>

和然旅塾の磨女道メール講座。
無料です。

頭痛にならない程度に、
スマホをいじっていただき、
ご登録くださいませ。

通常の講座チックな動画をプレゼントしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます