忙しいから、こその手前味噌

こんばんは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

我が家に新しいメンバーが加わりました。
名前は「いけやん」

いけやん、お目覚め時

いけやん、おやすみ時

こんな寒い日だからこそ、
お味噌を仕込んでみました。

今年は材料を、
池田屋味噌という
熊本のお店から取り寄せたので、

「いけやん」

と名付けました。

地域によって、
味噌の味だけでなく、

作り方も少し異なるようで、
このいけやんは
世話の焼ける子なのです。

私が以前習った味噌作りは、
寒い冬に味噌樽に仕込み、

1,2ヶ月後と夏くらいに
味噌の上下を入れ替える
天地返しという作業をするだけで

基本はほったらかしです。

重石を乗せて
ゆっくり熟成させ、

一夏を越した方が美味しく、
秋口が一番の食べ頃
と言われていました。

それとは異なりいけやんは、
味噌樽ではなく
厚手のビニール袋の中に入ります。

1週間に一度は、
表と裏をひっくり返したり、

モミモミして
出てくる水分を
均等にしてあげます。

さらに寒がりのようで、
リビングや日当たりの良い場所が
お好きとのこと。

常に目の届く範囲に
置いてあげてくださいと
注意書きがございました。

なんて寂しがりやさん。

九州では仕込んでから
3ヶ月程度で食べるのが
主流のようで、

今年は短期間ですが、
いけやんが美味しく出来上がるよう
愛情を込めて育ててまいります!

体に良い天然の味噌に
こだわったからこその新しい気づき。

まだまだ
知らないことは
たくさんありますね。

あえて時間のかかること、
待ってる時間が楽しいこと、

忙しい現代人を
癒すゆとり時間、

味噌はそんな時間を
プレゼントしてくれます。

おすすめです。

今日使わなかった味噌樽には、
別の種類の味噌を仕込むことにしました。

楽しみが増えました^^

<和然旅塾からのお知らせです>

・和然旅塾の磨女道メール講座

外見磨きは皆さま個人で。
内面磨き専門の磨女道メール講座。

普段の思考に
少しスパイスを加えるだけで、

あら不思議、
自然と楽になれちゃう。

女性は誰でも、
気分のアップダウンが激しく、

自分と上手に付き合うのが
永遠のテーマ。

気分がダウンしても、
自分で自分をコントロールして

より良い状態へ戻せる思考を
上手に身につけませんか?

こちらから

 

・ゆるゆる朝活実践読書会
毎週火曜日7:30−8:15  (←当初より15分後ろ倒ししてます)
シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。


ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただき、

佐賀経済新聞さんの記事にも掲載されました!
↓↓↓

佐賀で「新春女性名刺交換会」 自治体職員、起業家、学生など248人参加

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます