発酵美人への道_しょいの実編

こんばんは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

今日は2.23

1.23に仕込んだお味噌のいけやん、
ちょうど1ヶ月が過ぎました。

今年は熊本の池田屋醸造というお店から、
材料を取り寄せたので、
名前は「いけやん」

顔まで書いて
どちらが表裏か分かるように
遊びココロ満載の味噌作りです。

いけやんの生まれるまでの行程は
過去コラムを参照ください。

発酵美人への道_手作り味噌編

この一ヶ月
度重なる寒波の到来で
いけやんほぼ冬眠状態でしたが、

最近の暖かさで
ようやく柔らかくなってきました。

ちょっと前のめりで
お昼寝してるみたい(笑)


そしていけやんの隣に、
怪しげなボール。

こちらでは醤油麹を使って、
「しょいの実」を作ってます。

本当は「しょうゆの実」
正解なのでしょうが、

私の亡き祖母はずっと
「しょいの実」と言ってました。

「しょいの実あるで。
 食べるかー?」って。

祖母の家でしか食べられない
しょいの実のお茶漬けが
小さい頃から大好きでした。

いつも押入れから出してくる
しょいの実のビン。

お店で買うもろみ味噌とは
似てるようでやっぱり味が違うくて、

この歳になって、
ばあばの味を求めて
育成中であります。

当時は、
なんでしょいの実と言うのか
全く知らず、

「しょい」と言う名前の実が
原料になってるだろうなと、
漠然と思ってましたが、

(どんな実やねん!)

最近になって、
あの祖母が作ってたのは、
「醤油の実」やったんや!

と言うことを知りました。

私、
実は小さい時から
麹に縁があったんですね。

さてこのしょいの実、
只今絶賛発酵中。

冬季は2週間ほど
発酵させてから、
味付け調整に入るようです。

???
これ、浸けたの、
いつだっけ???

いけやんのように、
名前をつけなかったし、

誕生日を書いてなかったので、
覚えておりませんが、

適当に様子を見て、
調整に入ろうと思います。

こういう
アバウト加減が通用する
発酵食は

分量をしっかり守らないといけない
おかし作りやパン作りよりも
簡単で手間いらず

また調整段階に来たら、
作り方をアップしたいと思います。

次のいけやんのお誕生日ごろには
もう美味しく食べてるはず!

<お知らせ>

①和然旅塾プレセミナー
 働く女性の息抜きセミナー

自立した女性になるために、
頑張らないことを頑張ってみる。。。

3月15日(木)18:30ー21:00(福岡会場)
3月16日(金)18:30ー21:00(佐賀会場)

参加費:3,000円(早期申込割引中)

参加人数:最大7名/回

詳細はこちらから

②和然旅塾の磨女道メール講座

外見磨きは皆さま個人で。
内面磨き専門の磨女道メール講座。

普段の思考に
少しスパイスを加えるだけで、

あら不思議、
自然と楽になれちゃう。

女性は誰でも、
気分のアップダウンが激しく、

自分と上手に付き合うのが
永遠のテーマ。

気分がダウンしても、
自分で自分をコントロールして

より良い状態へ戻せる思考を
上手に身につけませんか?

こちらから

③ゆるゆる朝活実践読書会

毎週火曜日
7:30〜8:15  (女性限定)
8:30〜9:15(男性参加可)

シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。


ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただき、

佐賀経済新聞さんの記事にも掲載されました!
↓↓↓

佐賀で「新春女性名刺交換会」 自治体職員、起業家、学生など248人参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます