その気遣い、本当に必要?

おはようございます。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

職場でお菓子は食べますか?

職場の机に
お菓子が転がってますか?

女子ってどうして
お菓子が好きなのでしょう。

そしてどうして
お菓子を配るのでしょう。。。

昔は食べていたお菓子、
最近は食べる量が減りました。

会社員時代も、
インドへ行ってから
ほぼ食べなくなりました。

食べなくても
全く平気になり、

食べたいと
思わなくなったのです。

「あまり食べない」

と言うことを公言すると、
むやみやたらにお菓子を
いただくことはなりました。

ちょっとしたプレゼントに、
お菓子をいただくことはありましたが、

それはとてもありがたく、
美味しく頂戴しておりました。

ところが母は、

毎回仕事場から
大量のお菓子
持って帰ってきてました。

安もんクッキーから、
ティッシュに包まれたドーナツ、
飴ちゃんまで。

「いらんのに、配りはるねん。」

と、私と同じく
お菓子をあまり食べないのですが

とりあえずはいただいて、
持って帰ってくる母。

「いらんって言えばいいやん。」

って言ったら、

「悪いやん」

と、一応気を遣っている様子。

お菓子を配る人は、
苦労をねぎらうような
ご好意で配っているのか、

自分だけ食べるのは申し訳ないから、
気を遣ってみんなに配っているのか。

前者はまだしも、
もし後者だとしたら、
完全なる勘違い。

我が家には誰も食べないお菓子が
どんどん溜まっていくばかりで

しまいには湿気て
ゴミ箱に行くか、

高級そうなお菓子だけ、
選抜されて口に入れる、
(↑小市民(笑))

もしくは私が会社に持って行って
お菓子好きな方におすそ分けか。。。

母の「悪いやん」と思う気持ち、
わからなくはないけれど、

いつも溜まって行くお菓子、
この状態こそ、「悪いやん」

女性特有なのかなんだか、

「悪いやん」が入り乱れ
不用意に気を遣いすぎ
おかしな状況になっている気がします。

本当にちょっとした
自分の意思を伝えることは、

お互いのためにも
そんなに悪いことだとは
思わないのですが。。。

それとも、

「そんな遠慮しないでよ!」

と、その押し問答が面倒くさくて、
とりあえずいただいているのか。。。

職場で波風を立てないようにしようと
ああだこうだ

ここまで気を遣っていたら、
そらストレスも溜まりますね。

でも、
コントロールできるのは自分だけ。

細かいことを考えず、
「ありがとう」と、
とりあえずいただいてくる、

そんな母の方法もありな気がする。

自分が気を遣って
相手にしているようなことも、

自分が他人の目を気にしているだけで
本当は独りよがりかもしれない。

そしてきっと、
周りを気にしすぎる女性は、
自分の意思を伝えられないまま、

それでも絶妙なバランスを保って
息苦しく生きているのかもしれない。。。

会社のお菓子を通じて感じたのでした。

職場がお菓子禁止だったら、
こんなこと考えなくても
いいんですけどねー(笑)

モグモグタイムは必要なのかなー

 

<お知らせ>

・和然旅塾の磨女道メール講座

外見磨きは皆さま個人で。
内面磨き専門の磨女道メール講座。

普段の思考に
少しスパイスを加えるだけで、

あら不思議、
自然と楽になれちゃう。

女性は誰でも、
気分のアップダウンが激しく、

自分と上手に付き合うのが
永遠のテーマ。

気分がダウンしても、
自分で自分をコントロールして

より良い状態へ戻せる思考を
上手に身につけませんか?

こちらから

 

・佐賀でゆるゆる朝活実践読書会

毎週火曜日
7:30〜8:15  (女性限定)
8:30〜9:15(男性参加可)

シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。

ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただき、

佐賀経済新聞さんの記事にも掲載されました!
↓↓↓

佐賀で「新春女性名刺交換会」 自治体職員、起業家、学生など248人参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます