日程

2019年1月23日(水)19:00〜21:00 @佐賀市内

2019年1月25日(金)19:00〜21:00 @佐賀市内

*どちらかご都合の良い日をお選びください。

 

参加費:定価6,000(キャンペーン価格:3,000円)

申込締切日:1月21日(月)23:59まで

最大7名様まで

申し込みフォームに進んでください

あなたの本音

こんな経験ありませんか?

  • いつも一緒に旅行をしていた仲良しの同僚が結婚した。
  • 久々に同級生で集まったら、子供ネタで話題についていけなかった。
  • 女性活躍推進セミナーに行ってみたら、上昇志向の高すぎる人たちの集団で引いてしまった。
  • せっかくのランチタイムが旦那の悪口大会で終わってしまった。興味ないし。
  • 仕事が鬼のようにできる女性先輩が「あいつは女を捨ててるから」と影で言われていた。
  • 私はこのままずっと働いて行くのか、、、「なんとなく不安」に思うことが多い。
  • 仕事もプライベートも充実させるのは無理だと思えてきた。

がむしゃらに働いていた20代とは異なり、徐々に周りを見る余裕が生まれるのが30を過ぎた頃からでしょうか。多様すぎる周りの環境の変化が気になり、自分のライフスタイルとついつい比較してしまう。そして、先にあるものが見えなくて不安を覚える、そんな時期です。

憧れるのは働くイイ女。そして恋愛も思いっきり楽しむのが理想。

仕事だけに生きて、男性社会の中で疲弊していくのは嫌だし、かといって、のんびりしすぎてレベルの低い評価はされたくないし負けたくない。あなたも今、心揺れる時期にいるかもしれません。

その悩みが解決しないのは、

  • あなたの頑張りが足らないからではありません。
  • あなたが批判的な女性だからではありません。
  • あなたが他人より劣っているからではありません。
  • 近くにお手本となるロールモデルがいないからでもありません。

本当の解決策、心のデトックスが必要なのです。

与えすぎない、頑張らない

年齢を重ねるほど、「何かやらなければ」という焦りにかられ、気合を入れて何か特別な習い事を始めたり、資格をとったり。でもそれって本当に必要なこと??

さらに何かを頑張って吸収するのではなく、まずはただ立ち止まって「自分と向き合う時間を作ること」これが一番の近道なのです。

本当にやりたいことは、そのあとでやっていけば大丈夫。

失ったもの

申し遅れました。学びのリトリート 和然旅塾の みつみね なな です。

私は、大手某通信会社で17年間働いてきました。女性でありながら東名阪の転勤を経験、女性同期の中では一番早い出世を果たし、管理職という立場で自分より年上の人ばかりの中でリーダーを務めてきました。その結果得たものは「ポジション」「給料」「評価」(と言ってもそんなに大差ない)くらい。その代償で失ったものは、「心身の健康」「大切な人と過ごす時間」「自分のための時間」いずれもプライスレスなものばかりでした。

20代後半から始めた趣味のベリーダンスから、とあるきっかけでインドに呼ばれ、仕事で心が限界に来ていたのか、導かれるようにインドの伝統医療であるアーユルヴェーダに出会います。スリランカ、南インドで3年連続本場のアーユルヴェーダ治療(パンチャカルマ)を受診し、「何もしない」という究極の贅沢を始めて味わうのです。今までおじさん達と対等に働いてきた私は、何を得たのかをふと振り返りました。

「着飾ること」「所有すること」「評価されること」で、満たされると思っていた心が、満たされない。「何もしないこと」で満たされることに気づいたのです。ここでいう、「何もしないこと」というのは、すべてから逃げ出してサボることではなく、「ただ自分と向き合うこと」。

そして私は会社員をする傍ら、ヨガで心身を解放させたり、アーユルヴェーダの基礎知識を学んだり、日本ならではの味噌や醤などの発酵調味料や、ハーブやオイルを使っての化粧水や石鹸作りなど、体に入るもの、触れるものから、余分なものを省いて自然に近づけてみたり、日本古来の文化を振り返って着物を習い始めたり、時には心理学から自分の心をコントロールする方法を学び、今に至ります。

女性はなにかと忙しい?

働く女性は家でも外でも忙しい。

その女性を助けるために、食器乾燥機ができたり、全自動洗濯機ができたり、お掃除ロボットができたり、家事代行サービスができたり、家事は随分と楽になりました。

テレビを見る時間がなくても、スマホで簡単に情報は受け取れ、買い物に行く時間がなくても、通勤のちょっとした空き時間に、ネットでポチッと購入できます。

そしてその商品を、宅配ボックスに預けるか、もしくはお届け日の時間指定までできるようになっています。あなたの身の回りは確実に便利になっていますね。

そしてきっとこれからは、さらにAIが普及し、もっともっと便利な世の中になっていくことでしょう。

そして手にした自由な時間、あなたは何に使っていますか?

インスタ映え写真をアップしたり、Facebookのコメントをチェックしたり、ツイッター、ブログ、ニュースのタイムライン、これらの情報をうまく利用するのはいいことですが、逆にこれらに自分の感情を流されていませんか?

自分を着飾ったり、良く見せたりするための時間は惜しみなく使っているけど、本来満たされるべき「自分と向き合う時間」が今の女性いはとても少ない。

今回のセミナーでは、女性の持つ賢さとしなやかさで、いかに力まずに仕事をするか、心のデトックス術についてお話します。そして、あなたらしいライフデザインを描いて行きます。

あなたがこのセミナーで得られる5つのもの

  • イライラする仕事から離れ、自分を見つめ直すあなただけの時間を手に入れる方法
  • 自分の理想とする未来が何なのか。「なんとなく不安」を消し去る方法。
  • 明日から即実践。負のオーラを正のオーラに変換して仕事をこなす思考術
  • 頑張りすぎて自覚症状ゼロ。凝り固まった心のコリのほぐし方
  • 好きなものに囲まれていたい。自分だけのみファイを手に入れる具体的なステップ

ゆっくりと立ち止まる時間があって初めて、あなたにとって何が一番大切なことなのかがわかります。そして、他とは違う自分だけのオリジナルに自信を持ち、自分自身をとびっきり可愛がることができます。自分を好きになれば、自ずと輝きが増し、もっともっと周りの人を愛することができます。私はこれを、「笑顔の連鎖」と呼んでいます。

そしてあなたが理想とする未来像が具体化されると、人間は自然とその未来へ向かう選択肢を選び出します。

心の疲れを除く心のデトックスのはずが、今後の人生を左右するきっかけになるかもしれません。それを実践したのが私自身ですから。

まるで戦場

私は、仕事もプライベートも充実させる、女性(自分)らしい働き方を目指すためにも、自分軸をしっかり持ち、軸以外では力を抜くことを、古き日本の歴史や和の心、インドやベリーダンスのような異文化、そして最大の強みである会社員としてのキャリア経験を交えて、和然旅塾メソッドとして体系化しました。日常生活を忘れさせるあまり知られていない癒しスポットを探し出し、週末リトリート塾を開催したり、時には海外で、働く女性のための和然旅塾をまずは自分自身で開催しました。

少子高齢化社会、未曾有の人口減少を迎えるにあたり、働き方改革を掲げてみたり、国も企業もバタバタ慌てている感が否めません。さらに、女性の社会進出促進を求めている現代社会。女性は男性と違って自己評価が低い人が多い中、スカートを履いた男性のようにおっさんに合わせて働いていては心も身体も持ちません。

キャリアを求めると、まるで戦場で戦っているかのような恐ろしい先輩方に一歩引いてしまい、癒しを求めるとこのままでいいのか、と不安に陥ってしまう。

和然旅塾は、そう思う素直な自分と向き合うことで、理想のあなたのスタイルが見つかります。ギラギ、キラキラ頑張りすぎない、ナチュラルに素敵で自立した女性が理想です。

アンケートをまとめました

自分だけでは、じっくり自分に向き合おうと考えたり、時間をとろうとなかなか考えないので、よいきっかけとなりました。

- 公務員 A・N様

人から言われる自分への印象の違和感は、当たり前のことだったんだなとわかりました。もっと自分に自信を持って失敗をおそれず、チャレンジしたいです。

- 会社員 M・T様

とても内容が濃かったです。自分を見直すよいきっかけとなりました。

- Y・Bさま

未来を考える機会があり新鮮だった。

- アロマセラピスト S・Fさま

未来のワークで、これからの人生計画を立てよう!という気になった。やりたくないことから、やりたいことを見つけるというところにおどろきがあった。

- フリーランス T・Kさま

自分を振り返りながら、客観的にみれて、改めて自分のことが知れ、先が明るくなりました。バランスが取れそうな気持ちになりました。

- S・Mさま

自分を知る機会になった。今日の学びを振り返って、これから頑張ろうと思いました。

- R・Hさま

自分がなんとなく不安に感じたり、悩んでいたことが、ムダではないこと。

自分がどうありたいかを見つめなおし、擬態的に行動に変えられるきっかけになった。

- 通信業H・Yさま

こういう時間、確かに時々とった方がよいと思った。書くことで頭から少し離して考えられた。

- 通信業 M・N様

書いてみることで、自分を知ることができました。あっと間で楽しく学べました。心がスッキリした気持ちです。元気になりました。ありがとうございました。

- 会社員Y・Fさま

自分の方向性が少し見えてきたような気がします。明日からまた今日よりポジティブになれそうな気がします。

- 公務員 A・K様

三峯さんの声、ことばづかいからエネルギーというか、良い気持ちをもらえました。

- A・Sさま

いろんな角度から、自分を見れることができました。又、目標設定(苦手分野)も書くことで、達成した気分になりました。

- M・Sさま

ありのままの自分を受け入れていいんだ、自分はダメだと思わなくて良いと、改めて考えれれたことが良かったです。

- 派遣社員S・Sさま

✔息抜きも必要!

先日、今年に入ってから体調を崩した事を機に、『働く女性のための息抜きセミナー』へ行ってきました😊🍀自分自身を見つめ直し、どんな未来を手に入れ、自由・自立をテーマに色んなワークをやってみて、今の自分、これからの自分を見つめ直すいい機会になりましたその後、また、講師の三峯さんとお会いしてお話をする機会がありとてもエネルギーの高い、楽しい時間になりました♫

働くこと…先ずは、自分を知ることですね。息抜きも必要!(笑)

Facebook投稿より

セミナー参加特典があります

特典1 セミナーで利用するテンプレート

セミナーが終わった後も何度でも復習することができます。

特典2:セミナーで投影するパワーポイント

当日セミナー内で使ったパワーポイント資料を後日データにて送らせていただきます。

特典3:手作りオリジナルバスソルト

自宅でのプチ贅沢。お風呂でゆっくり温まってもらうために、ヒマラヤ岩塩を利用したオリジナルバスソルトをお持ち帰りいただきます。

なお、セミナーの最後に和然旅塾メソッド講座をご紹介させていただきます。

まずはぜひ自分のために時間を使ってみてください。社会人あるある、どうでもいい会社メンバーとの飲み会代と同等レベルの受講料、120分で必ず何か気づきが得られるはずです。

万が一、セミナー内容にご満足いただけない場合は、全額返金いたします。

日程

2019年1月23日(水)19:00〜21:00 @佐賀市内

2019年1月25日(金)19:00〜21:00 @佐賀市内

*どちらかご都合の良い日をお選びください。

 

参加費:定価6,000(キャンペーン価格:3,000円)

申込締め切り:1月21日(月)23:59まで

最大7名様まで

申し込みフォームに進んでください

講師プロフィール

和然旅塾 代表 三峯 奈々 (みつみね なな)

兵庫県神戸市出身。

超就職氷河期の2000年になんとなくこれから伸びる市場だろうと思った大手通信会社に総合職として就職。少数精鋭の社風に惹かれて入社するも合併。全国転勤のある大企業となる。

キャリアウーマンという言葉を知らず、「スーパーOLになりたい」という夢を持ち、「仕事があることは素晴らしい」「働かせていただいている」と感じながら、関西を離れて名古屋で勤務。その後、名古屋→東京→大阪と、女性としては珍しい東名阪勤務を経験し、いつも仕事にも会社にも感謝していた私は、当時思い描いていたスーパーOLの夢は早々に果たして、まだ見ぬ過酷なキャリア街道への道へ進むこととなる。

20代後半、「仕事だけではなくプライベートも充実させたい!」と思い立ち、妖艶な衣装とエキゾチックな音楽に惹かれてベリーダンスを習い始める。会社絡みの友人関係がほとんどだった私にとって、この新しい一歩は、友達のネットワークを大きく広げ、今まで出会ったことのない様々な価値観に触れることで世界観が大きく変わる。


2010年、東京から大阪に転勤。どこへ行っても職場の人間関係には恵まれており日々感謝。
組織を横断して取り組んだ仕事が称されたことがあったが、なぜか代表で社長賞を受賞することとなり、評価は大抵高評価。管理職になる前は満点をとり続け、自分でも驚くくらいの高い評価に、「評価に見合った働きをしなければ!」という真面目すぎる責任感に押しつぶされそうになる。女性管理職を目指す研修や、女性役員候補プログラムなど、さまざまな育成研修に選抜され、後輩へのロールモデルとなるべく参加しながら、あるプロジェクトのマネージャーを通常業務と合わせて、2年半務めることとなる。

そして、その業務量の多さに比較的処理能力が早く、容量の良い私が、初めてのキャパオーバー。以前のように仕事に感謝ができなくなり、そんな自分が嫌になり、そんな自分が後輩のロールモデルになることに違和感を覚え、自分がどうなりたいのか、何を目指しているのかわからぬまま働き続ける。

ちょうどその頃、ベリーダンスのレッスンで、発表会の振り付けになったボリウッドダンス(インド映画に出てくるダンス)をきっかけに、今までインド料理くらいしか興味がなかったインドに対する思いが急激に高くなり、いわゆる「インドに呼ばれる」を身を持って体験。旅に出る。

最初は北インドで異文化に触れ、インド人の感性やみなぎる生命力を感じながらも、「職がある」という恵まれた環境にいる自分を律して帰国。

しかし、仕事のプレッシャーは止まることを知らず、再度インド伝統医療のアーユルヴェーダにすがるように助けを求めてたどり着き、スリランカ、南インドで、3年連続本場のアーユルヴェーダ治療(パンチャカルマ)を受ける。このパンチャカルマでは「何もしない」という究極の贅沢を始めて味わい、今まで身を粉にして働いてきた私は、仕事で何を得たかったのかとふと振り返る。

女性同期の中では早い出世を果たし、管理職試験合格後、自分より先輩の方ばかりのチームでリーダーを務めてきた。得たものは、「ポジション」「評価」「給料」(と言ってもそんなに大きな差はない)会社には何も不満はない。ただ、その代償で失ったものは「心の余裕」「健康な身体」「自分のための時間」いずれもプライスレスなものばかり。気づけば四十路へ。

仕事による心の疲れを、エステやマッサージで一時の癒しを与え、自分をごまかしながら生きてきたが、本当に私に必要だった癒しは、会社以外の「経験」や「学び」から得られていたことにようやく気づく。もっと早く気付いていれば、、、。そんな場所があれば、、、。

今まで得てきた「評価」を一旦リセットしてでも、全く違った形で社会に貢献してみたい、と強く思うようになり、長年勤めた会社を辞め、働く女性のための学びの場を作ることを決心する。

少子高齢化社会、未曾有の人口減少を迎えるにあたり、国も企業もますます女性の社会進出推進を求めている現代。働き方改革が提唱される中、女性は男性と違って、仕事への考え方が多岐に渡り、自己評価が低い人が多い。そんな中、スカートを履いた男性のように、おっさん社会に合わせて働いていては身も心も持たない。

仕事とプライベートのバランスをとりながら、毎日を笑顔と感謝で楽しむ女性を増やすために、和然旅塾ならではの、古き日本の歴史や和の心、インドやベリーダンスのような異文化、そして最大の強みである会社員としてのキャリア経験を踏まえながら、和然旅塾メソッドとして体系化。日常生活を忘れさせるような、あまり知られていない癒しスポットを探し出し、時には海外で、学びのリトリート塾を開催している。

申し込みフォームに進んでください

申し込みフォーム

必須お名前

必須メールアドレス

必須連絡先携帯番号

必須ご希望日程(参加費3,000円)
1月23日(水)19:00-21:001月25日(金)19:00-21:00

セミナー後のお茶会に参加されますか?
参加不参加

1分以内に確認メールが届きます。届かない場合はinfo@wazentabi.comへご連絡ください。