大人の習い事。料理はセンスじゃない!

こんにちは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

8割以上の未婚働き女子が
結婚前に身につけておきたい家事、
堂々の一位は!?

そう、お料理です。

数々行った習い事、
もちろん漏れることなく
行っております(笑)

30代前半だったでしょうか?
某大手の料理教室に通ってました。

軽く40万は費やしたかもしれません。
それを知った私の友人は、

「料理なんて習わんでも本見たらわかるやん。」
「レシピ本、どんだけ出とると思っとるん?」

うむ。
これまたごもっとも。。。

でも、もう払っちゃったし、
仲良し後輩と通うから
晩御飯一緒に食べる感覚で考えると安いし!

そう強がっていた理由も、
後輩が早々にできちゃった結婚をしてしまい、
一緒に通えたのは数えるほどで

数年にかけて
一人で細々と
チケットを消化しておりました。

私が料理を習い始めたきっかけは、
花嫁修行に近かったのかもしれません。

当時付き合ってた彼にパスタを作ったら、
ゲキマズだったからです(笑)

パスタがゲキマズって!!!
重症じゃない?

大丈夫だよ、
と言ってくれた当時の彼に、

自分で食べる分はまだしも、
人様に食べさせるものは、
美味しく作りたい

そう思ったのがきっかけでした。

さて、一人暮らしを始めた20代前半。
私の料理レベルは、
茹で卵すら作れませんでした。。。

まず水を沸騰させて、
グツグツしている鍋に卵をポンっと入れたら、
ポンと卵が割れました。

鍋に広がっていく、
白身の幾何学的な模様は、
なんとも綺麗なものでした。

はい、茹で卵、水から茹でるんですね。。。
よく考えればわかりますが、
そんなレベルだったのです(笑)

若い頃はお金もないので、
なるべく自炊を心がけ、

茹で卵時代に比べれば
自分なりにはできてると思いましたが、
あのパスタは酷すぎた。。。

料理教室の先生に言われたこと、

<一般編>
・美味しい料理を作るのにセンスは関係ない。
・料理は知ってるか、知らないかだけ。
 知らなければ知ってる人から学べばいい。
・料理のセンスの有無は【手際】がいいか否か。

<恋愛編>
・男は胃袋で掴め
 美味しい料理が家で待ってれば男は帰ってくる
・朝から手作りの焼きたてパンが出てくると想像して!
 それだけで生活が豊かに感じる。

これをいかにも仕事ができそうな、
と言ってガツガツしていない、
クールな美人先生に言われたんですね。

「はい!私、通います!」

体験で行ったはずが、即答でした(笑)

友人の言うように、
本やレシピ本見れば
作れたのかもしれないけど、

やっぱり本で見るのと
コツやポイントだけでも
実際体験して教えてもらう方が、

応用も利くし、自分の好みの味もわかるし、
調理道具の知識も広がるし、
料理のセンスと言われる手際も良くなるし、

投資して良かったと思ってます。

今は自分の料理を食べて、
私天才かも!?と思うほどですから(笑)

私には

料理のセンスが

ないわけではなかった!

 

学ぶ機会がなかったから、
ゲキマズパスタが出来上がっただけで、

ちょっとしたポイントを知っていれば、
自然とレパートリーも増えていくのが
お料理なんですね。

働く女子が仕事以外で学ぶ場所。

些細なことでも、
学んでいけば人は成長を感じられ
豊かな生活が待っていると思いました。

和然旅塾はそんな場所でありたいなと、
思っています。

あ、花嫁修行に特化した場所ではありませんので、
悪しからず。。。

 

<和然旅塾からのお知らせ>

①のべ300名以上の方にご参加いただいております。
本から自分らしさを見つける。ゆるゆる読書会。

詳細はこちら

 

②おひとりメール無料講座はこちら

詳細はこちらから↓

おひとりじかんの楽しみかた

おひとりメール講座始まりました。

ゆっくりと、自分自身と会話する
そんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます