無理のないことは続けられる。

こんばんは。

学んでリトリート♡ 
和然旅塾のみつみねななです。

いつもやろうやろうと思って、
ついつい後回しにしてしまうこと。

瞑想

鶴ちゃんもやってるし、
ジョブズもやってるし、
心身共に良いことはわかっている。

でもね、でもね。

寝る前にやろうと思ったら、
部屋が寒すぎて
お布団に入る。。。

朝起きてすぐは
ギリギリまで寝ていたいから
自然とパス。。。

そんな私が、
昨日今日と続いてます!
あ、まだ二日間ですが(笑)

でも多分、
これは習慣になりそうです。

だって、

「あー、座禅したーい!
 あー、瞑想したーい!」

って思うようになったから!!!

というのも、先日長崎で、
アーユルヴェーダ医師の浅貝賢司さんと
薬剤師であり禅僧である太瑞知見さんの
とても異色な講話があり、

長崎にいる友人を訪ねるついでに
行ってきたのですが、
そこで座禅方法を学んだのです。

と言っても座禅はこれが初めてではなく、
いろんなところで学んでたつもりなのですが、
これほどしっくりくることはなかった。

「普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)」

という、

普く(あまねく)
勧める(すすめる)
座禅のお手本書

つまり、
みんなができるから勧めるんYo!

という方法を
わかりやすーく書いている書

と言っても、
中を開くと難しいんだけど。。。

 

それを解説しながら
わかりやすく解釈してくれた
「いす座禅のすすめ」

の方法を教えてくれました。

このやり方で、
座禅をすると、
超簡単。

というよりも、
気持ちよくって、
せずにはいられない。

私が今までやってた瞑想や座禅は、
どことなーく不自然な姿勢だったようです。

背筋をピンと張って、
姿勢良くして、

「こうしなければならない!」

という型にはめこみすぎてて
その型が私にとって
全然楽ではない姿勢だった。

それを
知見和尚は
骨の人形を使って

わかりやすく解説してくれて、
楽な座禅というものを
理論的に身体で教えてくれました。

人それぞれ、
頭の重さを感じなくなる
楽な位置があるということ。

それを見つけるのも楽しいし、
それが見つかったら
楽だから動きたくなくなるのです。

私はいつも
脳みそがたっぷり入った頭を(自称)
細い首が支えきれないようで(自称)

首こりに悩まされているのですが、
そもそも頭を正しい位置に乗せていないから
変なところに負担がかかって

辛い首こりに
なってしまうのですね。

わかっちゃいたけど、
良い姿勢しんどいし、、、
て思っていたのが、

良い姿勢をしないと
しんどいに変わり

自らをメンテナンスする術
ようやく習得したようであります。

こうしてパソコンをカタカタしている姿勢も、
頭の重たさを感じない場所を探しています。

が、手をキーボードに置いている限り、
それは難しそうだ。

長時間のPCはいけないとうことで、
今日はこの辺で。

 

<ご案内>

①ゆるゆる朝活実践読書会
 毎週火曜日7:15−8:00
 シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。
ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になって行った時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②和然旅塾の磨女道メール講座

通常の和然旅塾で開催している
講座チックな動画をプレゼントしています。

どんな雰囲気で話をしているのか、
ゆるーく体験できます。

詳細はこちらから

 

③和然旅塾プレセミナー
 今年最後は福岡会場にて。

12月14日(木)18:30ー21:00 残5名
12月21日(木)18:30ー21:00 残6名

締め切りは12月10日(日)
早期割引で6,000円→3,500円です。

年内にゆっくりと自分を振り返って、
来年を新しく迎えて見ませんか?

「回向返照の退歩を学すべし」

→「内側を見なさい」と
  普勧坐禅儀にも記載があります。

詳細はこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます