夢は叶っても叶わなくても、抱けば何かが変わると思う。

こんにちは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

春のセンバツ高校野球が始まりましたね!

学生時代、
私は大の高校野球好き、
甲子園ギャルでございました。

漫画タッチの影響で、
ミナミちゃんに憧れてたのです!

朝早く、
父親に甲子園まで車で送ってもらい、
1試合目から4試合目まで観戦。

「写ルンです」
のインスタントカメラを持ち、

ネットに張り付いては、
お目当の選手を
パチパチ撮りまくってました。

そして、バスに乗り込む選手を
走って追っかけて
見に行ってました。

こんなミーハーな私。

高校に入り、
憧れの野球部のマネージャー見学に
行ってはみましたが、

・選手が帰るまでは帰れない。
・ボール磨きと部室の掃除が主な仕事
・甲子園にはいけるわけがない。。。(ごめんなさいね)

タっちゃん、カっちゃんがいたらまだしも、
好きでもない人のために、
そんなことできない。。。

私、早く帰りたいし。
もっとやりたいことあるし!
無理ーーっ!!!!

(↑この辺は今と変わってませんね。。。。)

と、
早々にマネージャーの夢は諦めました。

現実が見れて
自分で判断して自分で選んだ、
諦めて満足です!

花の高校生だった私が
社会に出て働くようになり、
33歳の時に東京から関西へ転勤。

一人暮らしの場所として選んだのは、
高校野球が好きすぎて「甲子園口」

良い物件が一発でヒットし、
内覧も1箇所しかせず、
瞬殺で決定!

これはもう、
甲子園に呼ばれたと行っても
過言ではないはず!

チャリンコで
ぷらっと甲子園に行けるので

「昼ごはん、お弁当買って、
 野球見ながら外野席で食べよー」

ってことができちゃう!

そんな夢のような場所で、
4年半ほど過ごしました。

そしてもう一つ、
高校野球が好きすぎて
ミラクルが起こります。

夢にまで見た
アルプススタンドでの
母校の応援

兵庫県は私立高校が桁違いに強く、
公立高校が甲子園に出るのは
至難の技。

さらにお勉強がメインの母校は、
一生行けるわけがないと思ってました。

ところが!

困難な状況の克服や、
地域貢献など

他校の模範となるべき要素
を選考基準した

21世紀枠というのが、
できたんですね。

その制度のおかげで
2年前のセンバツ、

まさかの甲子園出場
果たしたのです!

OBOGは、
私と同じく、

母校が甲子園に出ることを
100%以上諦めていたので、

もうこれはお祭りだと、
超満員のアルプススタンドでした。

会社はもちろん年休。

朝礼のスピーチがかぶってましたが、
交渉して変わってもらいました。

そして、
夢って叶うんだー。

って、しみじみと感じました。

若い頃、
何も考えずに
純粋に思っていた夢。

大人になると
ある意味現実的になりすぎて
無謀な夢は抱かなくなりがち。

でも、こんなミラクルもあるのならば、

「叶いっこないだろー」

っていう夢を
見てもいいのかもしれないな、

そう振り返りながら、
高校野球を見る、
午後でございました。

<お知らせ>

・和然旅塾の磨女道メール講座

外見磨きは皆さま個人で。
内面磨き専門の磨女道メール講座。

普段の思考に
少しスパイスを加えるだけで、

あら不思議、
自然と楽になれちゃう。

女性は誰でも、
気分のアップダウンが激しく、

自分と上手に付き合うのが
永遠のテーマ。

気分がダウンしても、
自分で自分をコントロールして

より良い状態へ戻せる思考を
上手に身につけませんか?

こちらから

・佐賀でゆるゆる朝活実践読書会

毎週火曜日
7:30〜8:15  (女性限定)
8:30〜9:15(男性参加可)

シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。

ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただき、

佐賀経済新聞さんの記事にも掲載されました!
↓↓↓

佐賀で「新春女性名刺交換会」 自治体職員、起業家、学生など248人参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます