ほめられたら受け入れる。

おはようございます。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

ひとつのほめ言葉で
二ヶ月は生きられる。

昨日のゆるゆる朝活前半のテーマは、
「パートナーシップを築く」

その項目の中で紹介されていた言葉です。

男性よ、女性をもっとほめなさい!!

と言いたいところですが、

いざ褒められると、
なんだかくすぐったく
なってしまいがちですねー。

という話になりました。

日本人はどうもほめられなれてないので、
褒められても第一声目に
まずは否定しちゃうんですよね。

 

「このカバン可愛いですねー!」
 ↓
「いやー、全然安もんですー」

 

「いつも綺麗にされてますね!」
 ↓
「そんな〜。大したことないですよー!」

 

見事なまでの、
バッサリ否定

時によっては、
ほめられたのに謝ることも。

「いやー、そんな、
 これぐらいでほめられるだなんて、
 申し訳ないですー」

とか。

第一声になぜこの言葉が出てこないのか。。。

【ありがとうございます】

これが、なかなか出てこない。。。

謙虚なところが
日本人特有の奥ゆかしさを
出しているのかもしれないけれど、

なんだか否定語がはいるのは、
聞いていても気持ちよくないなーと
思ってしまいました。

と言いながら、

後半の回でご参加の方に、

「テキストまとめるのがお上手ですよね」

と言われ、

「いやいや、そんな大したこと・・・・・」

と言いかけて、

「ありがとございます!」

に切り替えました(笑)

意識していないだけで、
褒められたことを、
全く受け入れてない自分がいました。

厄介なのは、
本当に大したことがないと
思っているのです。

これくらいできて当然。

とか、

誰々と比べると
全然できてないし。

とか。

自分の置いている基準が高すぎる。

私なんてそんな、
もっともっと上がいるし。

これって危険だなと思いました。

いつまでたっても
頑張ってないダメな子レッテルが
消えないことになってしまいます。

あまりにも不自然に、
何度も何度も褒められたり、

明らかに似てないのに、
「芸能人の誰々に似てる!」とか言われると、

「本気で言ってる?おちょくってる??」

と、逆に気分が悪くなることもありますが、
ちょっとしたほめ言葉は
いただいておいてもバチは当たらない。

なので今後は
ほめ言葉はありがたーく、
お受けさせていただきます。

そして時には、
おかわり催促させていただきますので、
よろしくお願いしまーす(笑)

<お知らせ>

ゆるゆる読書会が充実します。
佐賀での開催のみになりますが。。。

<ゆるゆる朝活>

毎週火曜日
7:30-8:15(女性限定)
8:30-9:15(男性限定)

朝の始業前の時間を有効活用したい働き女子向け。
ポジティブな気持ちになって、
一日を和やかに過ごすことができます。

指定図書:「ハーバードの人生を変える授業」

場所は都会的なカフェ。
シアトルズベストコーヒーにて。

ゆるゆる朝活 お申し込みはこちら

 

<ゆるゆる昼活>


隔週火曜日 ※以降、確定次第連絡。
第一回:5月 8日(火)13:30-15:00
第二回:5月22日(火)13:30-15:00

家事、子育てなど、家庭の仕事に忙しく、
なかなか自分の時間を取ることができない方向け。

一番縁遠いと思われるビジネス書を敢えて選び、
悩みを解消し、明るく生き抜く方法を
本から自然と身につけていきます。

指定図書:「道は開ける」

少しでも非日常を味わえるよう、
木と本に囲まれる空間。

佐賀であって佐賀でないと感じさせる場所、
カフェ木と本で開催します。

ゆるゆる昼活 お申し込みはこちら

<ゆるゆる夜活>


隔週火曜日 ※以降、確定次第連絡。
第一回:5月 8日(火)19:00-20:30
第二回:5月22日(火)19:00-20:30

仕事帰りの働く女性向け。
もしくは夜に時間を作ることができる女性向け。

「自分らしく」をフランス式の考えから
質問に答えていく形式で探っていきます。

指定図書:「自分らしくはたらく手帳」

靴を脱いで、
ゆっくりくつろげる畳の間。

仕事から一気にプライベートへ
モードを切り替えることができる
どこか懐かしい落ち着いた古民家。

フランス式の考えを、日本を感じさせる
ものづくりカフェこねくり家さんで開催します。

ゆるゆる夜活 お申し込みはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます