家族のカタチって?

こんにちは。

学びのリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

『プレジデント』

という
おっさん向け雑誌を
たまに手にとります。

(独断と偏見でおっさん雑誌に…
すみません)

世の中の旬を
キャッチするためもありますが、

雑誌の特集タイトルに
よく惹かれるのです。

今回は
【毎日が楽しい「孤独」入門】

おひとり時間の楽しみかたを
おすすめしている私としては、
ビビっと目が行きます。

その中の記事で、

「親子仲良く」
「家族一緒が幸せ」という幻想

という記事がありました。

家族といえども、
違う人間なのだから、

理解できない部分や
合わないことがあっても
それは当たり前。

友達でさえ、
ずっと一緒にいたら
しんどいこともあるんだもの、
家族だって一緒でしょ。

いや、友達の方が、
まだ気を遣おうと思う分、
楽かもしれないよ。

というような内容でした。

2月末で、
ゆるゆる夜活読書会の課題図書である

『フランス式 毎日がおもしろくなる 自分らしくはたらく手帳』

を20回かけて完読!

この本にはフランス式の考え方が
たくさん散りばめられていますが、

似たようなことが
書いてありました。

日本は家族全員が

「同じ価値観でないといけない」

という前提が当たり前のようにあり、

「家族なのに
 考え方が一緒じゃないなんておかしい!」

と家族の一人だけ考え方が違うと、
親は「育て方を間違えたのかも…」と
納得できないことがある。

フランスは
家族といえども
個々の人格があるのだから
それぞれ違って当たり前。

日本人は「違い」に優劣をつけて
安心したがりますが、

フランス人にとっての違いは、
「違う」というだけで
並列関係なのです。

いろんなスタイルの
家族のカタチがあるのが、
当たり前、ってこと。

「親子仲良く」
「家族一緒が幸せ」

という幻想にとらわれず、
個人個人が幸せになる道を

歩んでいくことが一番だと思います。

家族はそれを
静かに見守る存在、

それぐらいが
お互いを思いやり、
長くうまく続く、

秘訣なんじゃないかと、
思ってます。

世間で後を絶たない、
家族や親族間の
殺人事件などは、

距離が近過ぎることが
主な原因なのではないでしょうか。

特に大人になってからは
一度衝突したら、
修復に時間がかかりがち。

理想の家族像を
追い求めるよりも、

理想の自分像を
追いかけた方が

自分の周りにいる人も含めて
オールハッピーになれると
思ったのでした。

と言いながらも、

お彼岸くらいは
ご先祖に感謝はしないとね。

<ご案内>

その1

『ランチ付き春のゆるゆる読書会』

日時:4月7日(日)10:00-13:30

場所:Edaume 旧枝梅酒造(佐賀市八戸)

費用:3,500円(ランチ・ドリンク付き)

詳細:こちらから

申込:こちらのフォームからお申込ください

 

持ち物は

「新年度(春)に読みたいなー」と思った本1冊。

それぞれが持ち寄った本を一気に読んでしまうという内容です。

 

その2

『リトリート企画~図書館に泊まるSpring~』

日時:5月17日(土)~18日(日)

場所:泊まれる図書館「暁」(佐賀市古湯温泉街)

費用:18,000円(3月末まで17,500円)

詳細:こちらから

 

こちらは限定3名。

一棟貸し切ります。

 

お食事付き、温泉付き、自然付き。

本なんてゆっくり読む暇ないし!!!

 

っていう方にぜひ訪れていただきたい素敵な空間です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます