相手を信頼して待ってみる。

こんばんは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

9月中旬にいただいた
カレーリーフの種。

種を蒔いてから
20日ほど経っても
ウンともスンとも言わない。。。

種が腐ってしまったかなー、
と思い、
割り箸でホジホジしてみると、

オーーー!

生きてました!

すでに発芽してました!

あと一歩というところ、
せっかちな私は
待てませんでした(笑)

自力で頑張って
土から出てくるよう
そっと土をかけましたが、

カレーリーフくんにとっては、
大迷惑ですよね。

目覚まし時計をしっかりセットしてたのに、
鳴る前に起こされたような、
そんな気分。

「もう!もっと寝れたのに!」

と、子供に怒られてしまう
おかんのようです。

人はそれぞれペースがありますが、
あなたは早い方ですか?
それとも遅い方ですか?

私は発芽を待てない
そんな行動からもわかるように、
せっかちで早い方です。

何をするにも
運動会の競争みたいに、
早く終わらせてしまいたくなる。

幼い頃から
点数を競い合う環境で
育ってきたからでしょうか。。。

次へ次へと進みたくなる性分のようです。

自分でわかっているので、
意識的にゆっくりしようと心がけています。

仕事においては、
スピーディーな方が好まれるので
良い点が多いのですが、

「待てなくて失敗」は多々あります。

人は催促されると
「いらっ」とくるものです。

勉強しようとしてるのに
「勉強しなさい!」

お風呂に入ろうとしてるのに
「風呂に入りなさい!」

「あれまだ?」
「これまだ?」

やる気を削ぐだけでなく、
その場の雰囲気も悪くなります。

かといって、
催促するのは気がひけるから
自分で仕事を片付けた方が早いや!

というのもよくありません。

なんでもかんでも
自分一人で処理していると、
後輩や後任者は育ちませんし、

任せとけばやってくれる、
っと、残念なパターンの
イイ人になってしまいます。

そして自分が仕向けたことなのに、
なんで私ばっかり。。。
と、不満が溜まる悪循環。

組織の中で働くからには、
自分自信の処理能力や
頭の回転のスピードを速めつつ、

相手を信頼して
「任せる」「待つ」

ということも
大切ですね。

カレーリーフくんを
信頼できなかった私。

二度寝して
なかなか出てこないかも
しれませんが、

今回はじっと
自分の力で出てくるのを
待つとします。

<ご案内>

「女×オンナ Vol.1」

10/6(金)18:30より福岡にて。

日頃忙しくて、
自分の時間が持てていない方、

自分と向きかう時間が
なかなか取れないと思っている方、

あなたらしい生き方、
見つけてみませんか?

あなたのお越しをお待ちしております。

お申し込みは明日まで!

 

詳細はこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます