短歌を詠むと日本人であることに気づく(らしい)

こんばんは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

==================
ひさびさの 友との会話は 止まらない
朝起きて知る 枯れた我が声
==================

短歌始めましたっ!

東京在住の
小学校からの友人が、
短歌にハマっていると聞きまして、

学生の時以来ですね、
詠んでみました。

短歌は俳句と違って、
季語や決まりがなく、
自由なんですって。

そして、五七五調で言葉を紡ぐと
内なる日本人としてのDNA
気づいたりもするそうです。

そして、
私の愚作短歌をご披露することを
習慣にしてみようと思います。

(続くでしょうか…笑)

==================
ひさびさの 友との会話は 止まらない
朝起きて知る 枯れた我が声
==================

さて、こちらの短歌、
6月はじめに行った
上京物語の様子を詠んでみました。

絶妙なスケジューリングで
会える限りの人と
お会いしてきました。

そして、会う人会う人と、
限られた時間でぐわーっと話すのだから、
そらぁ朝起きたら声が枯れてますね…

一瞬、
「風邪ひいた?」
と思いましたが、

いや、この声は、
完全に喉を酷使しすぎだなと…

そしてこの短歌の話が
なぜ友人の口から出てきたかというと、

私が今回東京で開催した
「働く女性の息抜きセミナー」の会場が

なんと!
彼女の短歌仲間と
定例で集まっている場所だったのです!

東京の貸し会議室なんて、
びっくりするくらいあるだろうに
なんとも奇遇。

もし、会場が同じでなかったら、
彼女との会話は、
短歌の話まで行きついていないはず。

たっくさん話すことありましたから。
短歌のお話は優先順位下だったようです。

短歌ネタを聞いて
早速自分の習慣に取り入れる。

人のいいなと思う習慣を、
真似してみるのは、
本を読むよりも簡単です。

あなたもご一緒にいかがですか?

私はとりあえず、
昔流行った俵万智の本、
『サラダ記念日』買いました。

さてどうなることやら。

 

<お知らせ>

和然旅塾のメルマガ

磨女道(まじょどう)メール講座はこちら
磨女道メール講座

 

地元佐賀での読書会情報はこちら

坐禅と読書はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます