忙しいアピールする人がモテていた時代、終了。

こんにちは。

学びのリトリート塾
和然旅塾 みつみねななです。

先週金曜日はリトリート講座の3回目でした。

みっちり二時間半、
自分自身と向き合う時間を
過ごしました。

今回は参加者のお住まいを考慮して、
大阪の中心地、心斎橋で開催しましたが、
やはり心斎橋は忙しなく賑やかな街ですね。

スマホやタブレットを片手に、
風を切るように歩いているサラリーマンを
何人見たことか。。。

忙しそうだなー
なんか汗だくで大変そうだなー

こっちまでもが
そわそわ忙しい気分になっちゃいました。

さて、今日のテーマは
忙しい人がモテる時代は終わった??

「忙しい」

この単語を聞いて、
あなたが思い浮かべるのは
どちらのパターンですか?

パターンa
「忙しい」=「仕事がある」
「忙しい」=「人生充実」
「忙しい」=「しあわせ」

パターンb
「忙しい」=「心身ともに疲れる」
「忙しい」=「自分の時間がない」
「忙しい」=「しあわせじゃない」

私はパターンbです。

「忙しい」状況だと、
趣味、友達関係、家族を楽しめなくなり、
精神的に潰れてしまうから。

「忙」という漢字は
りっしんべん(心)に
亡くなると書きます。

忙しくなると、
心を亡くしてしまい、

普段なら優しく声をかけるのに、
きつく当たってしまったり、
見て見ぬふりをしてしまったり、

「忙しい」という言葉に
あまりいい印象はありません。

忙しすぎてと余裕を失い、
殺気立って仕事をしてたことも
多々ありました。

特に女性は仕事にプライベートに、
家事に育児に、
時間を追われる毎日ですから、

パターンbが多いかもしれません。

さて男性はどちらかというと
パターンaが多いのではないでしょうか?

「いやー、暇でさー」

というサラリーマンより

「いやー、忙しくってさー」

という方が、忙しさをアピールして、
「俺、かっこよくない?」と
言ってるような気がします。(偏見)

「いやー、暇でさー」と言いつつも、
実は多くの仕事をこなしていて、
定時で帰っていく人の方が、

私は今風で好きです。
なんだか余裕を感じられるから。

これからの時代は、
こちらの男性の方がモテそうですね。

自分がいっぱいいっぱいの時、
助けてくれそうだし、
お願いもしやすいし。

忙しいことを美徳とするような考え方は、
働くこと(=働く量や時間)が
生活を豊かにするという考えが、
根強いからだと思います。

もちろんそれは、
飲食業やサービス業、
芸能界のような業界では当てはまると思います。

「忙しい」
=「お客さんがいる!(仕事がある!)」
=「売上があがる!(お金が入る!)」

暇でお金が入ることは
まずありませんからね。

人口が減ってきている今後の日本が、
働き方改革と口すっぱく言っているのは、

働く「量や時間」ではなく、
働く「質」を追い求めなければならない、

てことなので、
よりパターンbの考え方が増えれば、
質を追い求める働き方をするのでは
ないだろうかと思います。

あ、そう言えば、
インド人のロクさんが

私が日本に帰りたくないーと言った時、
こんなこと言ってました。

こちらのコラムをご参照ください。
キャリアウーマンがこれからの人生を楽しむ選択肢 続インド編

 

忙しいなんていいじゃない
お仕事があるっていいじゃない

 

貧富の差の激しい
途上国のインドは、
まずは生きていくためには、

仕事の「量」なんでしょうね。

 

全ての業界に当てはまる考え方をすると、

忙しすぎず、暇すぎず。

これが一番の理想なのかな。

 

さて、あなたはバランス取れてますか?

 

<お知らせ>

今は時間のない、忙しすぎるあなたでも
ご自宅にいながら無料でお試しいただけます。

磨女道メール講座

作られた美魔女より磨女の時代。
磨女道メール講座始めました。

自分磨きをする前に少し自分と向き合ってみませんか?

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます