働き女子にとって料理とは??

こんにちは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

今日から8月ですね。

毎日麦茶を沸かしても、
あっという間になくなってしまう。。。

昼食はそうめんがヘビーローテーション。
薬味を取っ替え引っ替え工夫して、
なんとかマンネリを防いでます。

さて、お料理。
あなたは得意ですか?

【働き女子にとって料理とは?】

私は30代前半、
某大手の料理教室に通ってました。

通い始めたきっかけは、
当時付き合ってた彼にパスタを作ったら、
ゲキマズだったからです(笑)

パスタがゲキマズって!!!
重症じゃない?

大丈夫だよ、
と言ってくれた当時の彼に、

自分で食べる分はまだしも、
人様に食べさせるものは、
美味しく作りたい、

そう思ったのがきっかけでした。

さて、一人暮らしを始めた当初の
私の料理レベルですが、
ゆで卵すら作れませんでした。。。

まず水を沸騰させて、
グツグツしている鍋に卵をポンっと入れたら、
ポンと卵が割れました。。。

鍋に広がっていく、
白身の幾何学的な模様は、
なんとも綺麗なものでしたね。

はい、ゆで卵、水から茹でるんですね。。。
よく考えればわかりますが、
そんなレベルだったのです(笑)

若い頃はお金もないので、
なるべく自炊を心がけ、

茹で卵時代に比べれば
自分なりにはできてると思いましたが、
あのパスタは酷すぎた。。。

料理教室の先生に言われたこと、

<一般編>
・美味しい料理を作るのにセンスは関係ない。
・料理は知ってるか、知らないかだけ。
 知らなければ学べばいい。
・料理のセンスの有無は【手際】がいいか否か。

<恋愛編>
・男は胃袋で掴め
 美味しい料理が家で待ってれば男は帰ってくる
・朝から手作りの焼きたてパンが出てくると想像して!
 それだけで生活が豊かに感じる。

これをいかにも仕事ができそうな、
と言ってガツガツしていない、
クールな美人先生に言われたんですね。

「はい!私、通います!」

体験で行ったはずが、即答でした(笑)

そう、知ってるか、知らないか。
学べば誰でもお美味しい料理が作れるんです。

私には料理のセンスがないわけではなかった!

学ぶ機会がなかったから、
ゲキマズパスタが出来上がっただけで、

ちょっとしたポイントを知っていれば応用も利くし、
自然とレパートリーも増えていくのが
お料理なんですね。

働く女子が仕事以外で学ぶ場所。

些細なことでも、
学んでいけば豊かな生活が待っていると思います。

物事における「考え方」「思考の持ち方」も
このお料理と同じ。

知ってるか、知らないか。

ちょっとしたポイントを押さえて、
毎日心豊かな生活を送って見ませんか?

そんなきっかけづくりのセミナーを、
お盆明けから開催します。

さて、今日の晩御飯は何にしようかなー。

和然旅塾のプレセミナーご案内はこちらです。

<ご案内>
①セミナー
福岡で開催です。

↓↓↓

セミナーご案内

 

②磨女道メール講座(無料)

↓↓↓

メルマガ申込はこちらから

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます