花嫁修行の習い事って?

こんばんは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

花嫁修行といえば、
何を思い浮かべますか?

私は年齢詐称疑惑があるくらい
古い人間のようで、

母親世代の定番である、
茶道華道だと思っていました。

料理や掃除などの家事は、
習わなくてもある程度できると
思ってましたし、

古きよき日本の文化を
勉強して残したい!

という勝手な使命感みたいなものもあり、
私はどちらにも手をつけたのです。

友人には反対されながら。。。

「で、いつお茶なんて入れる機会あるん?」
「で、華飾る場所なんてあるん?」
「肩こりで調子悪いんやったら、
 そんなんよりジムに行けば?」

うむ。
おっしゃる通り。

でもね、気になるんだもん、
やって見たいんだもん、
ということでまずは体験に行きました。

大人の習い事特集です。

<華道>

家からチャリンコ距離。
先生は未生流という流派の男の先生。

優しい方でしたが
何せ始めた時期が悪かった。。。
十二月ごろだったでしょうか。

生け花なので、
花を長持ちさせるよう、
暖房はかけない寒い部屋の中。

ダウンを着たまま冷たい水を触り、
先生の真似っこをしながら
進めていくのですが、

寒くて冷たくて
ただただ早く終わることだけを
考えてしまいました。

よく考えたら、
図工の時間、大嫌いだった。。。
工作とか適当だった。。。

これに付け加え、
寒い部屋となると
楽しめるわけないですね。

レッスンで使ったお花を
家に持って帰っても、
一人暮らしですもん。

飾る場所なんてないから、
テンションも下がります。

お花を飾れる家に住む頃には、
もう全て忘れてしまってて
今やっても意味ないな。

そう思って、潔く、
体験レッスンだけでやめました。

<茶道>

茶道はなんとなくの憧れ。
お茶の席は大好きで、
あのゆったりした静けさが好きです。

着物を自分で着るようになり、
茶道を習えば
着物を着る機会が増えるじゃん!

と、これまた自宅の近所の
体験レッスンに行きました。

かなりお値打ちで、
先生も可愛らしいおばあちゃまで
品があって良かったのですが、

ちょうどタイミング悪く
家を引っ越すことになり、
ご縁がありませんでした。

結局こちらも体験のみでしたが、
お茶は入れるより、
入れてもらう方が好きかも!

着物で優雅に飲む側に回る方がいいかも!
と考え方がスパっと変わり、
今に至ります。

二つに共通しているのは、
とりあえず気になることはやってみる
ってことです。

そして自分に合うか、
時間をかけずに見極める。

この見極めさえできれば、
絶対無駄な時間にはならないと思います。

私も、体験したからこそ、
自分に必要か必要でないかがわかり、
次に進むことができました。

友人に言われた時に、
聞き入れる耳を持って入れば
もっといいのかもしれませんが、

自分で納得した方が
人のせいにすることができなくて、
後々のためになります。

例えば、後々茶道ブームがきて、
茶道ができる女性が
めっちゃモテ女子になっても、

「あん時、あんたが習うなって言ったやーん!」

と文句は言えず、
全て自分の責任になる。

そう思うことで、
諦めもつき、人を恨むことなく、
ある意味楽になります。

というわけで、
華道や茶道に関わらず、
何か迷っているものがあれば、

行動を起こして、
自分で納得して、
スッキリしてみてくださいね。

ちなみに今の世代の花嫁修行は
お料理が一番のようです。

ふふふ。

お料理。
やりましたよ。

また別の記事でお伝えしますね^^

 

<ご案内>

①磨女道メール講座

自分磨きをしたいと思ってるあなたへ。
内面磨きのプチ講座です。

内外共に磨けば、
それはもう最強な女性へ。

詳細はこちら

 

②ゆるゆる朝活実践読書会

先週から始まりました。

毎回読み切り、
いつからでも参加できます。

ご近所の方がいらっしゃいましたら、
ぜひご紹介くださいませ。

こちらからどうぞ

こちらからどうぞ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます