発酵美人への道_甘酒編

こんばんは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

飲む点滴!
飲む美容液!

といえば、甘酒。

と言っても、お正月に飲む、
あまーくて、コップがネチネチになる、
あの甘酒ではありません。

さらさらっと冷やして飲む、
米、麹、水だけで作られた飲み物で、
アルコールは入っていません。

この甘酒、
生まれは古墳時代だとか。。。

腸内環境を整える、
美容、健康に良い、

と言われて
最近では店頭にガンガン並んでいます。

でもまあまあなお値段するし、
持って帰るの重たいし、

結局は加熱処理をして
販売してるものが多いし、

ここはやっぱり
手っ取り早く

自分で作っちゃうのが
一番経済的で安心です。

そしてこの甘酒も、
寝ている間にできちゃうので、
忙しい働き女子にはオススメなのです!

料理が苦手な方でも、
ご飯を炊くことができれば、
大丈夫!

では簡単に作り方をご紹介します。

材料
・冷やご飯 230〜250g
・米麹(乾燥じゃなくて、生)2合
・水道水

①まずおかゆを作ります。
冷やご飯230〜250gに対して水2合半。

完全におかゆになる前に火を止め、
30分ほど蒸らします。

残りご飯や冷やご飯で十分です。

我が家は仏さんにお供えした
ご飯を冷凍ストックしておいて
無駄なく使います。

食べ物を粗末にすることのない、
なんともご利益がありそうな甘酒です。

②蒸らしたおかゆを
炊飯器(または専用メーカー)に移し、
水道水を600〜900mlほど投入。

粗熱を取るために軽く混ぜます。
※麹は60℃以上になると死んじゃうので、
水道水で温度を下げてから入れてます。

③生麹投入後ゆっくりよくかき混ぜます。

④炊飯器を保温モードにし、
フキンや手ぬぐいなどを被せ、
50℃〜60℃を保ちます。

ふたを半開きになるように工夫して
10時間ほど放置。

寝る前に作ると
朝起きた時に出来上がっています!

冷蔵庫に冷やして、
2週間目処で無くなる感じでしょうか。

発酵は止まらず進んでいるので、
少しずつ味が変わってくるのが
楽しめます。

高級炊飯器だと
通常の米を炊く機能に
影響を与える可能性があるし、

気分的に勿体無いので(笑)
昔ながらの比較的安い炊飯器があれば、
そちらがオススメです。

私は家にある1台の炊飯器を
ご飯に使うか甘酒に使うか、
取り合いになってまったので、

甘酒専用「KAMOSICO」を購入しました。
(母親に、「骨壷!?」と言われた
かわいそうなKAMOSICOです。。。)

他にもマルコメさんから、
お手軽な「糀美人」も出ており、
母や叔母はこちらを使ってます。

そして飲み方ですが、
体に良いからと言って、
ガブガブ飲んでいいわけではありません。

一日の目安としては200ml。

私はそれよりも少なく、
朝晩お気に入りのおチョコで
1杯ずつと決めております。

材料に米を使ってますので、
要はブドウ糖なのですね。
飲みすぎはいけません。

糖尿病の方や血糖値が高い方は
注意された方がいいと思います。

あともう一つの材料の麹ですが、
製造者さんによって色々です。

私も数々の浮気をしましたが
やっぱり「まるみ麹本店」の生米麹が
一番好みの味です。

つい先日も
違う麹にチャレンジしましたが、
やっぱり味が違う。。。

こうやって
自分の好みの味を

失敗しながら探していくのも
密かに楽しかったりします。

忙しい働き女子向けの、
ほったらかしてできる甘酒。

日頃既製品や即席で済ませてるものを
一部だけでも手作りに変えることで、

時間の流れを感じ、
心にゆとりが出てくると
私は感じています。

これが身体に良いとなれば
作るしかないっ!

さて、味の気に食わなかった麹は、
塩麹にでもして消化するとします。

 

<和然旅塾からのお知らせです>

・和然旅塾の磨女道メール講座

外見磨きは皆さま個人で。
内面磨き専門の磨女道メール講座。

普段の思考に
少しスパイスを加えるだけで、

あら不思議、
自然と楽になれちゃう。

女性は誰でも、
気分のアップダウンが激しく、

自分と上手に付き合うのが
永遠のテーマ。

気分がダウンしても、
自分で自分をコントロールして

より良い状態へ戻せる思考を
上手に身につけませんか?

こちらから

 

・ゆるゆる朝活実践読書会
毎週火曜日
7:30〜8:15  (女性限定)
8:30〜9:15(男性参加可)

シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。


ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただき、

佐賀経済新聞さんの記事にも掲載されました!
↓↓↓

佐賀で「新春女性名刺交換会」 自治体職員、起業家、学生など248人参加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます