年中行事を意識すると見えてくる。自分の心の中に住む鬼。

立春。
暦を意識し始めたのは、実は最近です。

さあー、もうすぐ厄年開けるぞー!とワクワクしてた、34歳の年末。
「あんた、厄明けるんは、年始やなくて節分後やで」と言われたのがきっかけでした。

がーん…まだ1ヶ月もあるやーん。

特に厄年だから、何があったってわけでもないけど、厄年という言葉からは、
早く脱出したいと思っておりました。

それまでは、節分「季節を分ける」に読み替えたこともなかったし、立春に新たなスタートを切る、だなんて発想も全くなし。

新しいスタートといえば、年始の1月1日か、年度始めの4月1日。

そんな私ですが、節分の恒例行事、「豆まき」は幼い頃からやってたし、


「恵方巻き」だって食べてました。

知らず知らずのうちに、家庭内文化によって、鬼退治、厄除けをして、新しい年を迎えていたのですね。日本ってすごいっ!

そしてこの

隠(おぬ)が語源とされていて、実態はないけど、どこかに隠れている魔物、鬼は目に見えなくて、自分の心の中にいるとも言い伝えられているとか。

昔から伝わる年中行事を丁寧に行うことで、知らず知らずのうちに心と身体がリセットされている。

先人達の知恵のような、おまじないのような、縁起を担ぐような習わしを、意識しながら過ごしてみると、また違った感覚で、毎日を楽しめるような気がします。

次の年中行事は、3月3日の桃の節句。雛人形にも厄除けの意味があるとか。

なんとなーく生きるのではなく、ぼーっと生きるのではなく、自分なりに
気分を上げるような物の捉え方、見つけていきたいと思います。

そう思って、身の回りの掃除を丁寧に行ったのでした。

あー、すっきり、気分がいい。

鬼は綺麗なところには隠れられないのね、きっと。

・ゆるゆる読書会

のべ1,000名以上が参加。他人と自分との違いから「自分らしく生きるためのヒント」が見つかります。ご自身のライフスタイルに合う時間帯をお選びください。

詳細はこちら

・おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です