佐賀で開催、日本のポジティブ心理学の第一人者から学んだこと!

こんにちは。
和然旅塾のみつみねななです。

九州北部地方、昨日梅雨が明け、クマゼミが絶好調に鳴いております。

夕食後の散歩で見た夕日が綺麗すぎて。
佐賀の空は広く、360度の見渡す限り空。
とっても深い呼吸で散歩ができるのです。

さてこんな佐賀に、
成瀬まゆみ先生をお招きしてのセミナーから、
今日でちょうど1ヶ月になります。

ポジティブ心理学実践インストラクターになり、
アンバサダーにも就任。

地道にゆるゆる活動しております。

セミナー内容のレポートが
ようやくまとまりました。

アウトプット、遅っ!

1.ポジティブ心理学ってなに?

まず、セミナーの
最初のお題にもなった、

「ポジティブ心理学って、何?」

参加者様に
アンケートのご協力をいただき、

ポジティブ心理学を事前に
ご存知だったか聞いてみました。

・知っていた…12人
・知らなかった…12人
・聞いたことはあったけど、内容はよく知らなかった…7人

私が開催している
朝活読書会に来てくださっている方の
ご参加も多かったので、

全体の4割がご存知と、
比較的知っていた割合は
多かったように思いますが、

約6割の方は、
よく知らない方のご参加でした。

ポジティブ心理学で、
よく間違われるのは、

「ポジティブシンキング」

とにかく、
何があっても、
いつでも、

【ポジティブでいればいいんでしょー!?】

という考え方。

ネガティブな発言を絶対にしてはいけない!
いつでも笑ってなければいけない!

と言ってるのではなく、

誰にでも、
ネガティブな一面が
あるのが普通なので、

今のありのままの自分を、
受け止めましょう。

と言っています。

といっても

「ヒロシです…。」

で有名な、
ネガティブ発言芸人の「ヒロシ」は

ネガティブウエイトが高過ぎ。

程よい割合は、
ポジティブ:ネガティブが3:1
だそうです。

ネガティブ感情が生じても、
ポジティブ感情を増やせばいい。

その具体的なやり方を
セミナーではご紹介いただきました。

そして、
朝活読書会でも、

『ハーバードの人生を変える授業』

をテキストに、

毎週少しずつ実践できるよう、
読み進めております。

1回きりでは身に付かないことも、
繰り返し行うことで、

感情が乱れた時の
対処の仕方が

少しずつですが
変わっていくのを感じます。

2.みなさんの参加動機

今回、大変うれしいことに、
定員30名の枠に対して、
31名の方にご参加いただきました。

佐賀市内近郊の方だけでなく、
伊万里、鳥栖、武雄から。

県外は、
福岡、長崎の方にも
足をお運びいただきました。

ありがとうございます。

平日の夜、
時間を割いて来てくださった、

参加者様の参加動機って
何だったんだろう?

アンケートに項目を設け、
答えていただきました。

ポジティブ心理学を
既にご存知だった方は

「成瀬まゆみ先生、実物に会いたかった!」

「直接、話が聞きたかった!」

という理由が主でした。

私が「開催しよう!」と思った動機と同じです^^

私の場合は、
これに追加して、

普段、
読書会に参加されている方にも
参加いただける機会ができる!

最先端の心理学を知ることは、
自分で自分の人生を歩む上で、
とても強いツールになるのでは?

それを少しでも多くの方に
知ってもらい、

ちょっとした
エッセンスでもいいので、
お持ち帰りいただきたいな、

というのが、加わります。

ゆるゆる朝活読書会で、
実践はしているものの、

興味を持って
飛び込んできてくれる方は、
まだまだ少ないので、

先生のお力をお借りしちゃいました。

では、
ポジティブ心理学をご存知でなかった方の参加動機は?

・そもそも心理学に興味があって。
・どんな心理学だろうと思ったから。
・ポジティブって何?って思ったから。
・自分はネガティブ思考だから、
・自分の生活に役立ちそうだから。
・自分の新しい部分が見つかるかも?
・人間関係を良くしたいと思ったから。

そんな期待を持って、ご参加いただきました。

動機の中にもあった、

「自分はネガティブ思考」

という考え方。

私にもあります。
ネガティブになる時。

でも、このネガティブな感情にも

しっかりと役割があると言われています。

・危険を察知できる。
・同じ思いを経験している人への理解が深まる
・変化や成長のきっかけとなる

などなど。

不安に思うからこそ、用心したり、

うまくいかなかったからこそ
次は気をつけようと思ったり。

ネガティブな感情と
ポジティブな感情の黄金比は?

「3:1」

でしたね。

参加動機は色々でしたが、果たして満足いただけたのか?
次から少し、セミナーの中身に触れていきたいと思います。

3.はんすう?

今回のセミナーでは、
前半と後半に1つずつワークがありました。

前半のワークが
「反芻」について考える。

反芻といえば、牛さん。

一度飲みこんだ食物を再び口中にもどし、
よくかんでからまた飲みこむこと。

その意味が転じて、
ポジティブ心理学的に言うと、

ネガティブ思考とネガティブ感情が
頭の中に繰り返し現れる状態。

私とペアを組んだ方は、
勤務されている会社の朝礼で
毎週のように回ってくる発表が

・何を話そう?
・こんなの意味あるの?
・また来週も…

通勤時間も、
お風呂の時間も、
寝る前にも、

頭から離れないと
言われていました。

やりたくない仕事、
気分が乗らない仕事、

やらなきゃ
やばい
間に合うかな…

ずーっと考えてしまう。

これも「反芻」に入りますね。

同じことが、
ぐるぐる頭を周り出したら、

おっと、私、また考えてる。

と気づいた上で、

・一旦考えることをやめる
・気分転換の行動をとる
・反論する

で対処するのがいいと、
お話しされました。

ポジティブなふりをするのではなく、
まずは自分の感情に「気づく」ことから。

その上で、
考えることをやめたり、

どうしても
考えなければならないのであれば、
考える時間を決めたり。

最後の反論するが、
一番難しいかもしれませんね。

「やりたくない仕事」

ここに

「本当にやりたくないの?」

と反論しても、
やりたくないものはやりたくない!

となるので、

「なぜ、やりたくないのか?」

と一つ質問を入れてみる。

私も同じような経験をしたことがあるので、
私の気持ちで答えてみると、

「意味がないと思っている。」
「時間の無駄だと思っている。」
「上司の自己満足じゃん!」
「どうせ上手に話せない」

そして、ここに反論してみる。

「本当に意味がないのか?」
「本当に時間の無駄なのか?」
「本当に上司の自己満足なのか?」
「本当に聞いてる人はそう思ってるの?」

すると、

少ーしくらいは
意味があるかもしれない。
時間の無駄とまでは言わないかも。

人前で話す訓練になるし、
話をまとめる練習にもなるかな。

上司の自己満足かもしれないけど、
実は上司もイヤイヤやらされてるかも?

となると、
頻度を少なくするとか、
提案できるかも??

とすこーしばかり、
ネガティブが薄くなるかもしれません。

今回は仕事を例にあげましたが、
人間関係での反芻も
多いかもしれませんね。

なにはともあれ、
あー、おんなじことばっかり考えてるー

と思ったら、

考えることをやめること。

お試しくださいませ。

4.あなたの強みは何ですか?

休憩時間は、
先生へサインを求める
長蛇の列ができました。

まゆみ先生は、
一人一人と対面し、

その人に備わっていそうなワードを
インスピレーションで書いてくださいました。

↓私はこれ!

 

サイン会だけで終わってしまいそうでしたので、
途中で切り上げて、2つ目のワークへ。

「自分の強みを見つける」

最初は、
ワークの進め方に

「え?え?え?どうゆう意味??」

と、皆様戸惑いもありましたが、
波に乗ってくると、
一番盛り上がった時間でした。

同じグループの方から、
自分から感じられる強みを
1人3つずつフィードバック。

手元には、
自分の強みが書かれた付箋が、
人数分×3枚揃います。

・人からこんなに褒められたことない。
・とっても気分がいい。
・とても嬉しく、心が温かくなった。
・どんどんHAPPYになった。
・自分の強みを短時間でたくさん知れた
・自分が弱みと思っていたことを書かれた。

などなど。

普段、見ず知らずの人に
褒められることなど、
あまりないですし、

今まで自分の強みについて、
考えたことがなかった

という方もいて、
良い機会になったようです。

なかには、強みを見つけて、
それからは??
どうしたらいいの??

という方も。

今回のセミナーでは、
「強みを見つける」という
ところまででしたが、

強みを知った後は、
それをしっかりと活かして、
さらに伸ばす必要があります。

成功者と呼ばれる人たちは、
自分の弱みに着眼するのではなく、

強みをベースに
人生を構築しているのです。

もちろん人には弱みもあるけど、
フォーカスするのは強み!

その強みは
伸ばせば伸ばすほど、

誰かのため、
世の中のために貢献でき、

大きな満足感を得ること、
生きる意味を感じることが
できるのだと思います。

私が人からよく言われたり、
自分で認識している強みは

「好奇心」

なんかわかんないけど、
楽しそうだからやってみよう!

これってどうなってるの!?
知りたい!

そんな欲求に素直に答えて、
行動に移すようにしています。

「また、あんたは
わけわからんもんに手をだして…」

と言われたことも多々ありましたが、

そのわけわからんもんに
手を出すことが、

私にとっては
とても楽しくハッピーなのです^^

あなたの強みは何ですか??
その強みをどうやって、
生活に活かしていきますか?

やり方がわからない〜

と言う方は、
一緒に見つけていきますので、ぜひ和然旅塾へ。

5.朝活

セミナーの後は有志だけで懇親会。

佐賀といえば、
やっぱり呼子のイカでしょー!

と言うことで、

佐賀市内で
新鮮な呼子のイカを食べさせてくれる
会場から近いお店を探し、

イカとお席だけを
予約しておりました。

店に到着するなり、店長さんが、

「あの、イカなのですが…」

と深刻そうな表情で言うので、

『え!?」

と聞き返すと、

「三杯入荷したのですが、一杯が死にまして…」

とのこと。

二杯いれば十分!
てか、三杯いたら食べ切られませんでした!

先生に、動くイカを楽しんで(?)いただき、
佐賀弁談義に花が咲き、

23時までには解散しようと思っていたら、
あっという間に24時前。

翌日、7:30からの朝活に備え、
速やかに解散しました。

そして迎えた翌日の朝。

先生が翻訳された本

『ハーバードの人生を変える授業』

を使っての朝活を
開催していただきました。

テーマは本の中から、

第51回『未来からいまをながめる』

先生オリジナルのワークは、
静かに自分と向き合うために、
「無音」で行う必要があり、

たまたまお借りした会場、
Cotoco215さんは、

これ以上にないほどぴったりの
落ち着く空間でした。

100歳になった自分が、
今の自分に話かけられるとしたら、
どんな言葉をかけますか?

どんな言葉が聞こえてきたか、
それぞれにシェアも
していただきました。

いろんな意見がありましたが、
聞こえてきた言葉は、

「おい!もっと頑張らんかいっ!」

と、ゲキを飛ばす言葉ではなく、

「よく頑張ってるね。」

とか、

「そのままでいいんだよ。」

とか

「身体をもっと大切にね」

とか。

不思議と
自分に優しく語りかけてくれる、
そんな言葉ばかりでした。

そして、
その言葉を受けて感じた
今の気持ちを、

いつでもすぐに
思い出せるよう、

「トリガー」

をそれぞれ見つけてください。

と、言われました。

私は、あの時感じた気持ちを、
美味しいコーヒーを飲んだ時に、
思い出されるようにセットしました。

ちょうどcotocoさんで
飲んでいたコーヒーが
美味しかったので^^

このトリガーの作り方、
意識しなくても、

誰もが一つは
自然に持っているのでは
ないでしょうか?

お気に入りの
アーティストの曲を聴いたら、
テンションが高まったり、

お気に入りの香りを嗅いだら、
リラックスできたり、

いい気分になるトリガーを
いくつかストックしておくと、

日々の生活の工夫で、
簡単にいい気分になれるので
オススメです。

そういえば成瀬先生、
セミナーの時にアロマオイルを
テーブルに置かれていました。

お訊ねしなかったけど、
きっと、ご本人のお気に入りの
香りだったのではないかなー?

7.さいごに

この度、ベストセラーを翻訳された
成瀬まゆみ先生を佐賀にお呼びするという、

「佐賀にも来てほしいなー」

とぼんやり思っていた願望が、一つ現実となりました。

私1人で、先生に会うために、
セミナーを受講しに東京に行くと言う選択肢もありましたが、

どうせなら、
佐賀で同じ本を読んでいる方々や、

興味のある方にも聞いていただいた方が、
いいんじゃないか?

と思い、
あえて難しい選択肢にチャレンジしました。

もちろん、集客面では、
集まらなかったらどうしよう…

と言う、
負の感情もいっぱい出てきましたし、

先生の飛行機飛ぶかな?

とか、

お天気大丈夫かな?

とか、

いらない心配もたくさんしました。

でもそれも、全て必要な感情。

その分、
無事終了したと言う安堵感、
満たされた気持ちでいっぱいです。

ポジティブ心理学は、新しい学問。

幸せにスポット当てながら、
勉強できるだなんて、

そしてそれが、
日々の生活に役立つだなんて。

学ぶことで自分も幸せになり、
周りの人にも波及効果がある。

そう信じて、
これからも精進していきたいと思います。

成瀬まゆみ先生、
ご参加いただいた皆様、
そして最後までお読みいただいた皆様、

本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

さて、次の好奇心。

何をしようかなー

 

 

<お知らせ>

・ゆるゆる読書会

のべ600名以上の方にご参加いただいております。
本を読んで、対話して、自分らしさを見つける。

詳細はこちら

 

・おひとりメール無料講座はこちら

詳細はこちらから↓

おひとりじかんの楽しみかた

ゆっくりと、自分自身と会話する
そんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です