自分の生活を見直すきっかけ。

久々にショックを受けた映画があります。
ショックというか、考えさせられたというか。

『ザ・トゥルー・コスト』

ドキュメンタリー映画です。

大人になっても知らないことはたくさんあって、
まだまだ学ぶことは多いと感じています。

その一つ、ポジティブ心理学では、お金と幸福について、次のようなことが提唱されています。

・物質至上主義は危険。

・モノを持つことで得られる幸福感は長続きしない。

・ワクワクする、記憶に残る、
 そんな経験や人にお金を使った方が、幸せは長続きする。

学び出して少し時間が経ち、

「私、実践できてる!理解できてる!」と、少しずつお金との向き合い方が
変わったと思っていたのですが、『ザ・トゥルー・コスト』を観て、「うーーーん」と、唸ってしまいました。

なぜこの映画を観たのかというと、以前スリランカ料理教室でお世話になった
NPO愛未来の代表の方から、

「フェアトレード」を佐賀で広めたいと思っていて、そのお手伝いをしてもらいたい。

と連絡があったからでした。

「フェアトレード」

簡単にいうと、公正で対等な貿易ですが、あまり詳しくはわかっておらず…

そんな状況であったのに、代表の方の熱意と、国際協力との言葉に惹かれ「私でよければ!」と思い、お手伝いすることとなりました。

「フェアトレードってなに?」

と題して、2019年10月22日(火)に映画上映会と講演会が開催されます。その前に私が映画観ておかなきゃダメでしょー!と思い、事前に観たのです。

自分の着ている服は、どこでどうやって作られているのか?
考えたことありますか?

私は全くありませんでした。

「うわっ!安くてお得ー!」とか

「どうせ汚れて捨てるから、安いのでいっかー!」とか、

「流行りものはすぐ着なくなるから、安いの選べばいいよねー!」とか。

気になるのはデザインや値段のことばかり。普段口にする食品は、「やっぱ国産よねー!」とか、「作り手の名前が書いてあると安心よねー!」とか、

ちゃっかり生産地を気にするのに、ことファッションについては、何も考えてませんでした。

特にファストファッションが、誰かの生活の犠牲の上に作られていることなど…

大量生産、大量消費の今、食品ロスは取り上げられる頻度が高くなりましたが、ファッションの廃棄も海外で大きな問題となっています。

とはいえ、いきなりこんな大きな問題に、取り組めるはずはなく、まずは自分のできることから。

・長く着られるものを選ぶ
・本当に必要なものを買う
・オーガニックのものを選ぶ

これなら、すぐにできそう。

映画の中で、「人生の問題を解決するのは消費ではない。」という言葉がありました。

「これを持てばあなたも幸せに!」と、CMや雑誌、看板はガンガン私に訴えてきますが、これで幸せになっているのは、商品を作っている生産者ではなく、一部のブランドメーカー。

私たちはモノを安く買うことで、豊かになった様なそんな気がしてるだけ。

とはいえ、資本主義社会。モノが売れなくなれば経済が停滞。国力が弱まる。このあたりのさじ加減が難しいところだなと感じつつ、私のモノの見方のステージが一つ上がったなと、感じさせてくれる映画でした。

2019年10月22日(火)13:30-16:00まで
佐賀市のアバンセにて映画上映会と講演会が開催されます。

詳細はこちら
フェアトレードって何?

講演会は熊本から
フェアトレード推進委員会理事の明石祥子先生がお話しされるとのことで、私の薄っぺらいフェアトレードの理解が深まりそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です