頑張らないで頑張る!頑張りすぎる女性の解消法。

こんにちは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

またやってしまった。
食べ過ぎです。。。

なんとなく気づいてはいたのです。

ビアガーデンだからといって
ビールに合う唐揚げや揚げ物を食べながら

デザートのかき氷や
シュークリームまでしっかりと
夜遅い時間に食べてしまいました。。。

しかもビール飲んでないのに。
雰囲気だけ楽しむやつです(笑)

案の定、オエオエー。
気持ち悪い。。。

でもなんとか友達には悟られず
ソフトドリンクを流し込んで
その場をしのぎました。

自分の胃のキャパを過信して
頑張って食べようとすると、
大抵こうなります。。。

少しでも快適に過ごすためにも、
いい加減しっかりと自分の体調と向き合い
無理しないようにしなくちゃいけないのですが。。。

このように誰にでも、
●●し過ぎて失敗した経験はあると思います。

セミナー受講前の受講生様アンケートでも
「どうしても頑張りすぎて、
 自分と上手く付き合えません。」

というご意見がありました。

何事にも頑張れる人、
頑張っている人は
とても素敵で尊敬できます。

でも、それが度を越して、
頑張りすぎてしまうと
毒になってしまうのですね。

自分と上手に付き合えない。

そう思うということは、
自分が今無理しているということを
しっかりと自覚しているということです。

それにも気づかない人がいるので、
この受講者さまはなんとなく気づいているだけでも、
自分に意識を向けるよう心がけてるのだと思われます。

食べ過ぎ
寝すぎ
運動しすぎ
働きすぎ
忙しすぎ

too much症候群とでも呼びましょうか。
並んでいる字面を眺めると、
全て体に良いことではないですね。

何事にも加減、
バランスが大切ということです。

【どうしても頑張り過ぎてしまう人の傾向とは?】

・他人の期待に応えようとする

→自分ではなく他人の評価基準(しかも高いレベル)に
照準を合わせる癖があるので、無理をしがち。
 
・自己評価が低い

→どうしても自分の欠けているところに
 目がいく癖があります。
 持っているものに目を向けると
 もっと満たせれますよ。

・物事を勝ち負けで判断しがち

→「負けるが勝ち」という言葉もあります。
  そんなに勝ってどうするの?
  喜ぶのはあなただけ。

・自分の軸がぶれている

→いわゆる自分モノサシ(自分基準)がない、
 もしくは機能していない。
 なので、気持ちに迷いが生じる。

この「過ぎる」に陥らないためには、
これらの傾向を排除すればいいのですが、

頭でわかってても
なかなか実践に移すのは難しいものです。

私のビアガーデンにおける唐揚げのように、
頭の中では薄々気持ち悪くなるかな、、、
と感じていても、食べてしまうように。。。

ある程度の頑張りが
ここでは必要になります。

頑張らないことを頑張るのです。

頑張らないで頑張る。

癖や思考を治すには、
ある程度の頑張りは必要なのですね。

なので、まずは意識することからスタートですが、
徐々にtoo muchな癖を治していきましょう。

その癖を治す前に
自分と向き合ってみる時間、

和然旅塾のプレセミナーご案内はこちらです。

<ご案内>
①セミナー

福岡で開催です。

↓↓↓

セミナーご案内

 

②磨女道メール講座(無料)

↓↓↓

メルマガ申込はこちらから

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます