泊まれる図書館でのリトリートin佐賀_前編

こんにちは。

学んでリトリート
和然旅塾のみつみねななです。

11月上旬に開催した
和然旅塾主催

リトリートプレ企画
「図書館に泊まる」

どんな感じで開催していたかを
ご紹介したいと思います。

1.情報入手

毎週火曜日に
佐賀で開催している
ゆるゆる朝活読書会

8:15に一旦終了し、
次の8:30の回までの15分間。

お時間に余裕がある方と
おしゃべりタイムになります。

そこでは、
美味しいお店や
雰囲気のいい場所など

佐賀初心者の私にとっては
とっても貴重な情報交換の場に
なっております。

「ななさん、
 泊まれる図書館があるの
 知ってます?」

この一言に、
めちゃくちゃ反応しました。

何ですと!?
泊まれる図書館!?
そんなのがあるんですか!!!?

すぐにその場で
ネット検索。

何!?
古湯温泉って、
めちゃ近くじゃないですか!?

私の好きな温泉街じゃないですか!?

読書会を主催している立場として、
これは行かない理由がない。

限定5名の一棟貸し。
うん、企画しよう!

と心に決めました。

その日の夜、
ゆるゆる夜活読書会にて、

この泊まれる図書館のことを、
参加者の方々と
興奮気味で話しておりますと、

場所をお貸しいただいている
ゲストハウスHAGAKURE
店長さんにまで

興奮気味の会話が聞こえていたらしく、

「これですよね?」

とさらりと
お店情報の書いたカードを
持って来てくれました!

泊まれる図書館「暁」

きゃー!すごい!
欲しい情報が、
バンバン入ってくる!

そして、
図書館の存在は知っているものの、
行ったことがない人が多く、

やっぱりこれは、
泊まらなきゃ!

と、
これまた心に決めたのでした。

この出来事は
2018年10月8日(火)

図書館に泊まったのは
2018年11月10日〜11日

1ヶ月でプランニングしたのでした。

 

2.企画決行

古湯温泉のあたりは
佐賀市の北側、
山間部に位置し、

冬になると激寒で、
積雪もあるほど。

これは年内、
早めに計画せねば!

でも12月に入ると、
色々忙しいだろうし、
やっぱり11月中だよね?

ネットで予約状況を確認すると、
空いている週末は1つだけ。

あー、意外に時間がない。。。

予約して、
レターを作って、
参加者を呼びかけて…

予約完了した時点で
キャンセル料が取られるので、

「誰も参加される方がいなかったら、
私一人ぼっちで泊まることに…
まあ、それはそれでいっか…」

なんて、
ブツブツと妄想しながら、
プランニングをしておりました。

一泊するのだから、
色々やりたいことは
あったけど、

作り込むと
時間がかかってしまうので、

現地集合!
現地解散!
今回は本を読むことに特化!

にしました。

そして、
ゆくゆくは
和然旅塾のレギュラー企画と
していきたく、

次に繋げるご意見をいただための
プレ企画に。

 

 

そしてふと、
思い出したのです。

私、旅行会社に
就職したかったのだった…と。

和然旅塾を立ち上げる際に
一度思い出したのですが、
時間が経つと忘れるようで(笑)

大手旅行会社、
就職試験受けました。
確か筆記で落ちました。

格安旅行会社も受けました。
面接まで行ったけど、
ご縁がありませんでした。

旅行も好きだし、
添乗員になりたい!

でも母親に、

「あんた、
身体ついていけるん?」

とボソと言われたのです。

確かに…

能力ではなく体力を
冷静に指摘される…

自律神経弱め、
低血圧、
疲れやすい。

学生時代から、
身体の不調を
訴えることも多かった私。

添乗員は時間も不規則で
ハードな体力勝負の仕事。

旅行は好きだけど、
計画するのも、
案内するのも、
地図も好きだけど、

添乗員っていう職種に
こだわらなくってもいっか?

と、すっかり
忘れてしまっていたのでした。

けれど、
今、
自分が歩んでいる道。

振り返ってみると
過去にやりたかったと、
思っていたことを

知らず知らずのうちに、
形を変えながら
選択しているのではないかと、

思わずにはいられないのです。

そんなリトリートプレ企画
「図書館に泊まる」

無事お申し込みが2名あり、
一人で泊まることなく、
決行されるのであります。

 

3.チェックイン

 

前置きが長くなりました。
ようやく本題に入ります(笑)

チェックイン時間は16時。

16時10分前に行きましたら、
まだご準備中でした。

↑まだ「閉」の表示。

荷物だけ置かせていただき、
車を少し離れた無料駐車場に停めて、
温泉街をゆっくり歩いて向かいます。

 

図書館の近くにも
駐車場はあるのですが、
そこは参加者様のスペースに。

↑こんな景色を見ながら、のんびりと。

16時過ぎに再び訪れると、
お一人の参加者の方が
待っていらっしゃいました。

5分前に伺ったところ、
ご準備がまだだったようで。

「早めに来ても入れない」と。

チェックメモに残します(笑)

そして、いよいよ中へ。

 

待っていたこともあってか、
中に一歩踏み込むと
テンションが一気に上がります!

うわー!


えー!

すごーい!

なにここー!

パチパチ、パチパチ。
写真を撮りまくっていると、
マスクをしているオーナーの白石さんが

私たちから、
かなり離れて座られました。

「いらっしゃいませ(ゴホゴホ)」

お風邪を引いてらっしゃって、
咳は出るし、声は出ないし、
という最悪のコンデション。

それなのに、
ウェルカムドリンクを
丁寧に淹れていただき、

咳き込みながら
図書館内の説明を
してくださいました。

私は嬉野紅茶。
もう一人の方はコーヒー。

嬉野紅茶は
佐賀市内で人気の
「和紅茶専門店 紅茶(くれは)」さんのもの。

コーヒーも豆を挽く音がしましたので、
一杯ずつ淹れてくれてるようです。

明治後期に建てられた
築110年の古民家。

木材関係の職人さんが
住まれていた家らしく、

建物の柱や、欄間、天井など、
あらゆるところに
工夫がされている建物でした。

特にトイレの天井が変わってました!
↓これ、トイレの天井

そして、
ここに置いてある
本のご説明をたっぷりと。

暁の蔵書は現在1,300冊。

九州の本好きの方が、

・手放したくない本。
・ずっと置いておきたい本。

というテーマで、
20冊ずつ選び、

一人1棚のルールで
並べられています。

ジャンル別ではないのが、
通常の本屋さんや図書館と
大きく異なる点です。

そしてその本には、
「なぜその本を大事にしているのか」
の理由が添えられており、

同じ本が並んでいても、
理由が違っているので、
本の印象も変わります。

自分の好みの本棚を見つけて、
順に読んでいくこともできますし、

パッと気になる本の
選ばれた理由を見て

読みたい本を
見つけていくこともできます。

もう一人の参加者の方は、
お仕事を済ませて、
18時くらいに到着予定でしたので、

チェックインから、
到着まで、

しばし写真撮影タイム、
読書タイム。

夕暮れ時。
夕日が縁側に差し込み、
なんとも言えぬ空間を作り出します。

いつもはバタバタ、
夕飯の準備をしている時間帯。

その時間に、
こんな素敵な空間で

なにも気にせず
本を読めるなんて…

普段は主婦業の参加者さまにとって、
とっても贅沢な時間を
お過ごしになられたのでした。

続く…

 

<和然旅塾からのお知らせ>

①のべ300名以上の方にご参加いただいております。
本から自分らしさを見つける。ゆるゆる読書会。

詳細はこちら

 

②おひとりメール無料講座はこちら

詳細はこちらから↓

おひとりじかんの楽しみかた

おひとりメール講座始まりました。

ゆっくりと、自分自身と会話する
そんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます