坐禅は本来楽しい修行?佐賀で開催「坐禅と読書」

人に紹介されるときに、
「あ、こちら、坐禅のななさんです」

と言われることが多くなりました。

朝活のななさんでもあります。
和然旅塾のみつみねななでもあります。

2018年5月から
大興寺さんにお世話になりながら、
開催している坐禅と読書。

私が最初に坐禅を経験したのは、
小学四年生でした。

学校の遠足?社会見学?

みたいなもので、
行った記憶があります。

「一休さん体験」

のような感じで、

唾を頭につけてモノマネをしたり、
足が痺れて歩けず、派手に転ぶ、
ふざけた男子がたくさんいました。

そんな明るい記憶しかないので、

「坐禅=厳しい」

と言うイメージはなく、

ただ心を落ち着けたいから、
お寺の空間が好きだから、

という理由で始めた坐禅。

でも一般的には、

「坐禅=耐えること、キツイこと」

と言うイメージが強いようです。

先日、

『ブッダが教える愉快な生き方』
(藤田一照著)

という本を、

長崎は南島原にある玉峰寺の住職が
Facebookで紹介されていて、

「ななさんも好きそうな内容ですよ」

と言われたので、
迷わずポチりと購入しました。

↓こちら、その玉峰寺に昨年4月に泊まった際の朝日。なんと神々しい。

今、読んでいる途中なのですが、

「頑張らない坐禅」

というパートがあります。

ブッダは、
人から教えられた
瞑想や苦行という

「頑張る修行」

をすべて放棄した後に、

ただただ、本能のままに、
ありのままを受け入れて
樹下の打座へシフト。

坐禅に行き着いたそうです。

そう、坐禅は、

頑張るものではないと。
愉快な修行なのだと。

書かれてありました。

大人のやる
仕事のような修行ではなく、

子供のする
遊びのようでなければならない。

とも。

私が小学四年生のときに
体験したのは、

遊びのような
「一休さん体験」

きっと、最初の入りが良かったのですね。

この本で、ますます坐禅に詳しくなり、
坐禅のななさんと言われる回数が増えそうです。

<和然旅塾のゆるゆる坐禅>

ゆるゆると「坐禅と読書」
毎月1回のペースで開催しております。

一休さんのモノマネタイムはありません。
あ、してもらっても大丈夫ですが。

■場所:大興寺(佐賀市神野)
■参加費:1,500円

申し込みはこちらから

 

おひとりメール講座はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です