お月見で心癒される。佐賀の有明海を眺めながら。

こんにちは。

和然旅塾のみつみねななです。

基本、晴れ女の私。

2019年10月11日(金)
「有明海の十三夜」

季節の巡りを五感で感じる
十三夜のお月見に
行ってきました。

今年で7回目で、
毎年旧暦の9月13日に
開催されているとのこと。

佐賀に来て
驚いたことの1つに
有明海の干潟があります。

日本最大の干潟、
潮の干満差が一番大きい、
ということは

なんとなく地理の授業で
習った記憶はありましたが、

海って、
砂浜が広がってて、

ざっぱーんって
よせては返す波の音がして、

それが当たり前だと思ったら、

しーーーんと静か中に、
カニやトビハゼが
ピチピチ音を立てて動いている。

こんな海があるだなんて、
佐賀に来てしりました。

↑潮が引いてる有明海。完全に海の底が見えています。

その有明海が望める
佐賀空港のデッキでのイベント。

なんなの!
この魅力的なイベントは!!!

ということで、
和然旅塾としても

わずかながら
協賛させていただきました。

「どなたか一緒に行きませんかー?」

と声をかけたところ、

「行きたーい!」と
すぐに10名ほど
お集まりいただきました。

16時45分開場のところ、
17時には到着して

一番前のゴザのお席、
ステージかぶりつきの場所を
ちゃっかり確保!

うっかりして、
全員で映った写真はなく、

お席確保い走った
先発組だけでございます。

みなさんの胸元には
麦のブローチが^^

参加費用の中には、

おこもじおむすびが2こ
あったかい具沢山豚汁
佐賀の銘菓丸ぼうろ

なんと太っ腹!

おこもじおむすびとは???

高菜の菜っ葉を油で炒めたようなお漬物のようなものが
混ざっているおむすびのことらしいです。

↓こんなの。

これに500円の
お買い物券まで付いてました。

普段は夜中しか食べられない
よなよなあんこさんの
販売もあったので、

あったかいぜんざいを
いただきました。

↓こちらは別の人が頼んだ豆乳ぜんざい

おにぎりを頬張りながら、
西に沈む夕日を見つつ、

刻一刻と色が変わる空を
静かに眺める時間。

太陽が沈むと、
月が明るくなる。

そんな当たり前のことにも、
なんだかしみじみしちゃって、
自然と一日に感謝できました。


ステージでは

十三夜にちなんだ絵本の朗読

お着物を着て朗読されているのが、
いつも読書会に来てくださっている方。

読んでくださったのは、

『ながいよるのおつきさま』

ネイティブ・アメリカンが
満月につけた12の美しい名前を
紹介する絵本。

優しく落ち着いた声に、
BGMと空の色がぴったりマッチして、
物語に引き込まれておりました。

そして、オカリナの演奏。

七音(なないろ)さんというグループ。
お揃いの衣装に、お揃いのポーチがキュート^^

私も上手になりたいと思いました。
オカリナのレッスンにも力が入りそうです。

そしてJAZZのコンサート


全てかぶりつき席で
ゆったり鑑賞。

最初は雲で隠れていた雲も、
すこーし恥ずかしげに
顔を出してくれて。


こんな素敵なイベントを
企画されている
NPO法人さがのぎさん。

自然のありがたみを
溢れそうになる程
味わいました。

ぜひ、
佐賀平野の魅力、
自然の素晴らしさを
これからも伝えてください。

今回ご一緒いただいたみなさま、
あまりにもの素敵さに
興奮気味で解散。

幸せって、
身近にあるのね。

静かに空を見上げ
月を眺める時間から、
そう感じ一日でした。

ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です