「得意なことが出てこない」朝活ワーク。

先日の朝活のワークの中で、「あなたが昔からずっと得意だったことは何ですか?」という質問がありました。

なかなかペンが進まず、真剣に考えすぎて最後には「うおーっ!わからない〜!」と頭を抱えてしまう人がいらっしゃいました。

自分の得意なことって、大人になって改めて聞かれると無邪気に回答できなくなりがちです。

・うーん。●●はできるけど、もっとできる人いるし。

・うーん。●●してると楽しいけど、得意というレベルではないし。

と、言った後で「でも」という、言い訳が入ってしまいます。

ある意味、望んでいるレベルが素晴らしく高く、向上心のある方だと思います。ですが、自分では大したことないことが、人にとってはすごいことだったり、自分で当たり前のようにできることが、誰でもできるものではなかったり。

自分が気づいていないだけで、得意なことは誰にでもあります。

「うぉーっ!わからない〜!」と得意なことが見当たらなくて頭を抱えてしまう人は、まずは日頃の生活を振り返ると気づくことがよくあります。

自分では当たり前のように行動しているのに、人から感謝されることって何かな??と自問自答してみるのです。

「いやいやいや、そんな大したことしてないし」と思う、そんなことです。

そんな人からの評価が得意なことのヒントだったりします。
私も得意なこと探しのために、感謝されること振り返ってみました。

・飲み会やランチ会のセッティング
・人と人とをつなぐこと
・時間を守ること

自分では当たり前のようにやってきたことが、誰でも簡単にはできるものではないようです。飲み会のセッティングを、得意と言い切っていいのかわかりませんが、気遣いだったり、プランニング力だったり人に楽しんでもらおうとする思いが得意なことに含まれるのかもしれませんね。

先日の朝活の質問は、自分の得意なことを理解してから、自分が「情熱を燃やす対象を見つける」という流れになっていました。

自分の得意なことに、情熱を燃やした方が能力も高まるし、なにせやっていて楽しい。そしてそれを伸ばすよう意識すれば、自ずと毎日は楽しくなりそうです。

・ゆるゆる読書会

のべ1,000名以上の方にご参加いただいております。
本を読んで、対話して、自分らしさを見つける。

ご自身のライフスタイルに合う時間帯にご参加ください。

詳細はこちら

https://wazentabi.com/ゆるゆる読書会のいいところ/

・おひとりメール無料講座

詳細はこちらから↓

おひとりじかんの楽しみかた

ゆっくりと、自分自身と会話する
そんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です