ゆるゆる読書会で得られる意外な3つの効果@佐賀

「読書会に行けば、スッキリする!」

仕事を頑張って終わらせ、
そう言って参加してくださる方がいます。

ゆるゆる読書会では
一冊の指定図書を時間をかけて読んでいきます。

毎回4、5ページずつ、
声に出して輪読しながら、
最初から順に読み進めていくのです。

今の指定図書は
『置かれた場所で咲きなさい』
渡辺和子著

自己啓発系の本を選ぶことが多いです。

「自己啓発」と聞くと、
真面目で面白くなさそうと毛嫌いされてたり

上から目線で、
できない自分をダメ出しされてるみたい、

と堅苦しさを感じている方も多いようですが、

読んでみると
そんなに偉そうなことを
書いているものばかりでなく、

自分の気持ちをほっと楽にする、
日常生活でのヒントが
散りばめられています。

普段、意識していないかもしれませんが、
ネットでよく読まれている記事は、

「○○が似合う男性の心理」
「甘えられない女性に多い特徴」
「できる上司の行動特性」

など、

実際書いてある内容は、
自己啓発っぽいことが多いのです。

ゆるゆる読書会では、

1人だと、
さらりと流してしまう本の内容を

自分の日常生活を振り返って
考えるワークの時間をとっています。

そして考えたことを
一人ずつシェアすることで、

同じ本を読んでも、
考え方や、感じるポイントが
違うことに気づく。

この時間を
とても大切にしています。

読書会には、
3つの効果があることが
わかってきました。

1.イライラしてもすぐ治る
2.人前で話すことの抵抗が減る。
3.自分らしさに気づく

1.イライラしてもすぐ治る

他の人の考えや思いを反論するのではなく聞く。

これを繰り返していくと
仕事上で自分とは合わない人、
イライラする人に対して、

「なんでわからへんの!?」

と腹を立てたとしても、

「ま、考え方は人によって違うものね。」

と、自分で上手に感情を処理できるように
習慣づいてきます。

2.人前で話すことの抵抗が減る。

少人数ですが
自分の考えを話していただくので、

話すことが苦手な人、
自分の意見を伝えるのが苦手な人、
いつも聞き役になる人も、

自然と話ができるようになります。

3.自分らしさに気づく。

自分と違う視点での考え方に出会うと、
ハッとしたり、え!?
と思ったりすることがあります。

「自分の軸が定まらない…」

と言う方も、
他の人の意見を聞くことで、

「あ、私はそう思わない。」

と自分と人との違いに気づくことで、
少しずつ自分の軸が定まってきます。

読書会で気づいた3つの効果が

「参加した後はスッキリとする!」

という声につながっているのかもしれません。

真面目な勉強会ではなく、
ゆるゆるとした読書会。

本を読むのが苦手な人も、好きな人も、
ぜひ読書以上のものを体感するためにご参加ください。

 

・ゆるゆる読書会

のべ1,000名以上が参加。他人と自分との違いから「自分らしく生きるためのヒント」が見つかります。ご自身のライフスタイルに合う時間帯をお選びください。

詳細はこちら

・おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です