本を使ったセルフ占い

今日、7月2日は、夏至から数えて11日目。

半夏生(はんげしょう)といい、田植えを済ませた農家さんが休息をとる日。

この半夏生の日に降る雨を半夏雨(はんげあめ)といって、田植後に田の神が天に昇る時の雨というらしいです。この雨で、一年の豊作を占う習慣もあったとか。昔の人は占い好きですね。現代でも、占い好きな方は多いと思うのですが、今朝、自分でできる占いを発見しました。

本を使ったセルフ占いです。

先日読んだ『シン・読書術』という本の中に、

「今の私に、必要な箇所はどこですか?」と問いかけて本をめくるのも読書のうち、と書かれており、素直な私は今朝、本を選んで、めくってみました。

今日は、読み応えのあるヨガの雑誌だったのですが、

目を閉じてめくったページには

「アシュタンガヨガにとってケガとは何なのか」

驚きました。

というのも、昨日の朝、いつも通り朝ヨガをして、なんか身体の調子いいから、このポーズもやっちゃえ〜と調子に乗ったら、首をグギっとしてしまい、一日中かなり辛い状況だったのです。(今はだいぶ良くなりました)

本には「ケガを学びと解釈する」とも書かれてあって、本当に私に必要な箇所じゃん!と驚いたのと同時に、これって、カード系の占いやおみくじと似てない?と思ったのです。多分、どのページを開いても、今の私には、この言葉が必要なのか〜と思えちゃうんだろうなと。

今日の私の引きの強さには流石に驚きましたが、本を読むのが苦手だな、読む時間が取れないな、という方は、こんな遊び感覚な読み方でも、自分に役に立つ自分のための読書ができることを知りました。

靴を飛ばしてお天気を占ったり、花びらを好き嫌いと数えて相手の気持ちを占ったり、昔の人は、自分ではどうにもならないことを思い詰めて悩むのではなく、外に意識をそらすことでバランスをとってたのかもしれませんね。

占いも、別の視点で考えさせてくれる一種のツールだと思ってましたが、それが本でもいいということ。あらたな発見でした。

<ご案内>

和然旅塾のゆるゆるオンラインサロン会員に入会すると、月額2,000円(税込)で定例のゆるゆる読書会が受け放題。月1回の勉強会にも参加できます。

詳細はこちらから

オンライン朝活読書会、単発での参加もできます。

毎週火曜日:7:00am-7:45am/8:00am-8:45am/9:45am-10:30am
毎週木曜日:6:00am-6:45am
詳細はこちらから

オンラインゆるゆる夜活読書会。

単発でも、本がなくても参加できます。
参加費は1,000円(税込)
参加後のお支払いです。

詳細はこちらから

<その他>

おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

オンラインセッション/キャリアコンサルティング

詳細はこちら

読書会では話しにくい、個別に話をしたいという方のための相談メニュー。
ゆっくりとお話を伺い、一緒に解決策を探していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です