捨てる勇気で心を強くする方法

こんにちは。

学びのリトリート塾
和然旅塾のみつみねななです。

朝の5時半から、
パンパンのゴミ袋4つ。
母と手分けして出してきました。

そんなに早く出さなくても、
ゴミ収集車は来ないのですけどね。

すっぴんを目撃される人を
最低限にするためには
致し方ない早起きです。

(出くわす相手の方にも失礼なので。。。)

さて、我が家は
三連休の暑い中、
何を思ってか家の片付けに精を出しました。

「捨てる」
「空間を作る」
「整頓する」

この3つに徹した結果、
ゴミ袋4つになりました。

今回のメインの片付け箇所は
私のプライベートスペースではなく、
主に母のモノが溢れている押入れ&物置。

現マンションに引っ越してまだ三年。
色々捨てて越してきたつもりでしたが
まだまだモノが多い。。

そしてここでも、
ゴミの大半を占めたのは「箱」

 

過去コラムのモノが増えていく理由
合わせてご覧ください。

 

本当に箱っていうのは、
一見綺麗に整頓できて便利なんだけど、
なんてナルシストな奴なんでしょう。

「俺のこと、捨てられないだろ?」

みたいな、
上から目線の存在感に
イラっとします。

「くー!こっちから捨ててやるー!」
と思ったのは、

明治時代のお宝か!?

というボロボロの腐りかけの箱。

塗りのお盆が入ってたり
豪華なお皿が入ってたり

中身使わないとゴミと一緒。
意味ないでしょ。

ってことで、
腐りかけた箱は無残に破り捨て、
日常に使うようにしました。

お盆はインテリアとして飾られ
今はとてもいい空気を浴びてる感じ。

ふん。
箱がない方がせいぜいするわ。

とでも言っているようです。

すると突然、
母が「ぎゃー!」と叫ぶので、
何ごとかと思ったら、

箱の中から
父の遺影がデーンっと登場(笑)

次からはびっくりしないように
箱には「父遺影」と大きくマジックで書かれ、
この箱は押入れに戻されました。

さすがに捨てられない。。。

かといってお盆みたいに
インテリアとして飾るのも怖いし。

むき出しで収納しても
押入れ開けるたびに
父親と目があうの怖いし(笑)

稀に大事にされる箱もあるようですが、

あなたも家の中にある
ありとあらゆる上から目線の箱に
向き合って見てはいかがですか?

本当におつきあいしたいのは、
箱ではなくて、中身。

その中身も、
箱に隠れてわからない状態が
続いているかもしれません。

お腹いっぱいの状態で、
いくら高価な料理を食べても、
美味しいと思わないのと同じように、

何事も空間ができると
心の余裕ができ、
満たされた気分になりますよ。

あ、先ほどゴミ収集車が来ました。
暑い中、ご苦労様です。

 

<ご案内>

①セミナーのお申し込み受付中。

ここでは心のデトックス。
8月のお盆明けから、
東京・大阪・福岡で開催です。

↓↓↓

セミナーご案内

 

②磨女道メール講座(無料)

↓↓↓

お申し込みはこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます