食べるもので感情が左右される?

こんばんは。

学んでリトリート♡
和然旅塾のみつみねななです。

11月29日。
はい、今日はいい肉の日です!

スーパーも肉の日を
大きく打ち出していて、
先ほどその戦略にはまってきました^^

関西はホルモンの種類が多いのに対し、
九州は鶏肉の種類が豊富なんですよね!
焼き鳥屋さんができるくらい!

ヘルシーでお値打ちな鶏肉を
多めに購入いたしました。

今日はきっと、
たくさんの肉達が
SNS上にアップされるんだろうなー。

そういうお肉。
最近めっきり食べる量が少なくなりました。

年齢の関係で、
食べられなくなったという噂もあります。

おじいちゃんがインド人のクオーターだから、
肉を食べないという噂もあります。
(嘘です。本気にする人がいるから悪しからず。。。)

さて、今日はお肉のお話
インドと日本の仏教を交えてです。

先日、長崎で受けた
アーユルヴェーダと仏教との講話の中で、

「お坊さんは肉を食べないんですか??」

という質問がありました。

その中で出てきた言葉。
「三種浄肉」

三種というのは

「見」自分のために生き物を殺しているのを見る
「聞」自分のために生き物を殺そうという話を聞く
「知」自分のために生き物を殺したと知る

この3つの場合以外は、
肉を食べてもいいとされているようです。

「殺す」「命を絶つ」という点に、
インドで聞いた話が重なりました。

8割以上がヒンズー教徒のインドでは、
牛さんが神様とされているため、
お肉は食べません。

ですが、インドの中でも、
10%ちょっとだけ、
イスラム教徒もいるんです。

そして、
イスラム教とヒンズー教は、
昔から戦いばかりしていました。

今は、住む地域で
だいたい分かれています
住み分けができているようです。

<ヒンズー教徒の人の主張>
「イスラム教徒は、血が好きね。
 だから喧嘩っ早いし、血の気が多いの。
 すぐにイライラして攻撃してくるの。」

<イスラム教徒の人の主張>
「肉を食べないとパワーが出ないでしょ!?
 日本人も食べるでしょ?
 元気になるよね!!」

どっちの言い分もわかる気がする。

そしてインドが発祥の仏教は
ヒンズー教徒の話に近いものがあって、
「殺す」「血を見る」という感情が

「三種浄肉」という言葉に
につながっていると思ったのです。

年をとると、
肉が食べる量が減って
イライラしなくなる。

「なんかあの人、
歳とって丸くなったと思わん?」

というあるある話は、
意外に肉と関係しているのかも
しれませんね。

そういえば私も、
昔ほどカリカリしなくなったかも。。。

さて今日の肉の日。
みんなでファイトしないように、
イライラしないように。

そういう我が家は
平和を求めて、煮物にしました(笑)

<ご案内>

①ゆるゆる朝活実践読書会
 毎週火曜日7:15−8:00
 シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。
ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になって行った時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただきました!

②和然旅塾の磨女道メール講座

通常の和然旅塾で開催している
講座チックな動画をプレゼントしています。

どんな雰囲気で話をしているのか、
ゆるーく体験できます。

詳細はこちらから

 

③和然旅塾プレセミナー
 今年最後は福岡会場にて。

12月14日(木)18:30ー21:00 残5名
12月21日(木)18:30ー21:00 残6名

締め切りは12月10日(日)
早期割引で6,000円→3,500円です。

年内にゆっくりと自分を振り返って、
来年を新しく迎えて見ませんか?

「回向返照の退歩を学すべし」

→「内側を見なさい」と
  普勧坐禅儀にも記載があります。

詳細はこちらから

R

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます