今も昔も変わらない情報過多

こんばんは。

学んでリトリート♡ 
和然旅塾のみつみねななです。

ずっと気になっていた
ライブラリーカフェにて。

今流行りの蔦屋書店の
ちっさい版みたいなところです。
(かんなりちっちゃい版です)

こういう穴場スポットを見つけるのが、
いつもワクワク、楽しくて大好きです。

注文したのは迷わずカレー。
カレー好きなものですから^^

お店にある本は
自由に読んでいいのすが、
やっぱりこの手の題名は気になっちゃう。

『自分らしく生きる』
(中野孝次著:講談社現代新書)

という本に手が伸びました。

巻末ページを見てみると、
昭和58年著。
もう35年近く前に書かれた本ですね。

なのに、パラパラとめくってみると、
現在でも言われていることばかり。

あり余るほどの「モノ」に囲まれ、
情報や娯楽が氾濫する日常生活。

・・・・。
・・・・。
・・・・。

少なくとも昭和58年は、
スマホやネットも普及していませんでした。
私は小学生ですもん。

ようやくワープロやコンピューターが
出回り始めた時代でしょうか。

35年前も
今と同じことを言っていたのですね。

【情報や娯楽が氾濫する】

35年前でそうなら、
今はどれだけの情報に
人は晒されているのでしょうか。。。

茹でガエルのように、
徐々に徐々に情報量が増えて、
麻痺してしまったのかもしれません。

時には
「必要な情報は自ずと入ってくる」
と割り切って、

情報に無駄に晒されない選択肢も
ありなのかもしれない。

例えば、テレビ。

私は基本自分で決めた時間、
自分で決めた見たいと
選んだ番組しか見ていません。

なかったらなかったで
いいかなと思ってます。

マイルームのテレビには
インドで購入したスカーフが
掛けられているくらい。

だらだら見ているテレビに
あまり自分に有益な情報は
ない気がするんですね。

それだったら、
自分が欲しいと思う、
興味がある情報を自ら取りに行きたい。

その情報がたまたま
テレビを通じて得られるということは
あるかもしれないけど、

「暇だからテレビ見よう」という
何気ない時間には、
少ない気がするのです。

そういえば、
世界で活躍している友人が言ってました。

「テレビドラマは観ないわ。
 だって、私の人生の方が
 何万倍もドラマチックだから。
 本は読むけどね」

こう言い切れる人生、
歩んで行きたいものです。

今日行ったカフェは、
まさにドラマの舞台になりそうな空間。

素敵な殿方との出会いはありませんでしたが、
素敵な本との出会いがありました。

本との出会いを楽しめるよう、
一度ゆっくり自分と向き合い、
立ち止まることも必要ですね。

 

ご案内です。

・ゆるゆる朝活実践読書会
毎週火曜日7:30−8:15  (←当初より15分後ろ倒ししてます)
 シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。
ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になって行った時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただきました!

・和然旅塾の磨女道メール講座

通常の和然旅塾で開催している
講座チックな動画をプレゼントしています。

どんな雰囲気で話をしているのか、
ゆるーく体験できます。

詳細はこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます