新しい生き方の選択肢

こんばんは。

学んでリトリート♡ 
和然旅塾のみつみねななです。

柚子湯上がりです。
ポカポカ。
冬至ですもの、入らなきゃ!

柚子を鼻に当てて
香りを嗅いだり、

モミモミしながら
首筋に当てたり、

売り切れ寸前で
2個しか買えませんでしたが、

両手に柚子を持って
十分すぎる香りを楽しみ、
ついつい長湯してしまいました。

日本の古くからの慣わしを
大切にすることは
とても良いことだと思っています。

そしてこれからもずっと
残っていけばなと思います。

でも中には、
古くからの考え方に
縛られない方が良いと思うこともあります。

「結婚はまだか?」
「子供はまだか?」

親や親戚、
もしくは見ず知らずの人も問う
悪気などないであろう質問。

そしてその度に、
うるさい、ほっといてよ、
と思う女性。

以前、海外で活動している友人の
子供や結婚に対する価値観を聞き、
ハッとさせられたことがあります。

「日本の女性は、
 子供を産むことに固執しすぎ。

 世界には何らかの事情で
 親がいない、恵まれない子供達が
 山のようにいるのに。」

ちょうど
不妊治療
の話題をしていた時に、
彼女がボソっと言った言葉です。

私も正直、
彼女の話を聞くまでは、

「養子を迎える」という考えは、
これぽっちも思い浮かびませんでした。

養子と聞くと、

「僕の本当のお父さんとお母さんは誰なの!?」

という、
ありがちなドラマのワンシーンを
思い出してしまします。

もしくは、
もっと時代をさかのぼり、

家系を途絶えさせないために、
戦略的に養子を迎え入れる、
という手法でしょうか。

現代の日本は、
多民族国家ではないこともあり
養子の文化はほぼ聞きませんが、

欧米や欧州では、
養子縁組のシステム
整っているそうです。

海外のセレブ達が、
養子を迎えているという話を、
聞いたことはありますか?

アンジー&ブラピや、
サンドラ・ブラック、
マドンナなどなど。

特にアンジー&ブラピは、
自国からではなく、

発展途上国のエチオピアや
ベトナムから
養子を迎えていると聞きます。

いわゆるボランティアという
観点も多くあるのでしょうね。

多くの財を手にした知名度ある人が、
こういう形で貢献すると、
特に影響度が高いですね。

そういえば、
昔会社の未婚の先輩が、

「私、老後は養子を迎えるから。
 ジャニーズみたいなイケメンね」

と言ってました。

時代を先取りしてたってこと!?(驚っ)
すごい!(笑っ)

日本の文化も
少しずつ変わっていくかもしれませんね。

柚子湯のように
後世に残したい文化もありますが、

古い文化のせいで
女性が深く悩んだりすることは、
望まれません。

生き方の選択肢が増えることで、
どんな生き方を選んでも
普通になっていけばいいなと思います。

あ、柚子湯のおかげで
昨日までの硫黄臭は
消えたようです。

よかった。

硫黄臭さが消えた和然旅塾から
ご案内です。

・ゆるゆる朝活実践読書会
毎週火曜日7:30−8:15  (←当初より15分後ろ倒ししてます)
 シアトルズベストコーヒーJR佐賀駅店にて

詳細はこちら

毎回読み切りの読書会。
ゆったりとした朝の時間をご提供中。

私が会社員時代に、
やりたいことが明確になっていった時間。

翻訳者の成瀬まゆみさんからも
Facebookでご紹介いただきました!

・和然旅塾の磨女道メール講座

通常の和然旅塾で開催している
講座チックな動画をプレゼントしています。

どんな雰囲気で話をしているのか、
ゆるーく体験できます。

詳細はこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

和然旅塾メルマガはこちらから

無料で学べます