手作りの美味しさ

今年もそろそろあの時期到来ですね。先日麹やさんから、ダイレクトメールが届きました。味噌作りの時期です。味噌は昔から寒い時期に仕込むと言われています。寒仕込みの味噌はおいしいと言われています。

私は4年ほど前から味噌は自分で仕込んでいます。これも大人の習い事で、身につけたスキルが今に生きています。

なぜ、味噌作りを習おうと思ったのか?それはあるお友達から「ななちゃん、味噌作り教室あるけど参加しない?」という軽いお誘いのことばでした。

え!味噌って自分で作れるんの?味噌作りなんて頭の隅にもなかったから、びっくり&興味津々。

今まではお料理教室で作るスキルばかりを追い求めてて、お料理を作る素材には、まったく目がいってなかったのですね。味の要となる調味料が、自分で作れるだなんて、向上心高き(?)私の料理の腕をあげるチャンス!確か5Kg作れて6千円でしたが、即行くことを決めました。

講師は熟年の自然派にこだわるおばさま。そのおばさまが去年仕込んだ味噌の味噌汁をご馳走になり、美味しくて悶絶!!こんな美味しい味噌汁が毎日飲めるなんて。世界に一つだけの味噌、初めての手作り味噌、愛情込めて作りました。

さて、このお味噌、いつ頃食べられるのか、完成時期を聞いてこれまたびっくり。暑い夏を越した秋口が美味しい頃合いだとのこと。ざっと8〜10ヶ月先!出来上がるまでの間、ひっくり返したり、様子を見たり、少しの手間は必要ですが、概ねはほったらかしでOK。基本は面倒くさがりな私には、もってこいです。

そして寒いこの時期に味噌を作るのには、ちゃんとした理由がありました。それは気温が低い方が味噌がゆっくり発酵するから。ゆっくり発酵させた方が、味に深みが出ておいしーく仕上がるそうです。

焦らずに、ゆっくり。ワクワクして美味しい味噌を待つ!この過程があるからこそ、美味しい味噌が味わえる!!!味噌を作り出してから、市販の味噌は大量生産させるべく、きっと短時間で作られた忙しない味噌だ!!!と思うようになりました。

きっと美味しいものは、愛情込めて時間をかけて作られるんだろうな、と即席味噌汁や電子レンジで効率ばかりを求めていた私にとって、ガラリと物の見方が変わった習い事でした。

当時一人暮らしの私は、5Kgの味噌という、一人では食べきれない味噌を持ち帰り、知人や家族親戚に配りまくりましたが、「優しい味ね」とかなり高評価。きっと作り手に味が似るのですね!!

この忙しない、効率かばかり求める現代にあえて時間がかかることをする。そこに幸せを感じるようになれば、昨今の交通トラブルなど、起きないだろうと思う今日この頃です。

<ご案内>

和然旅塾のゆるゆるオンラインサロン会員に入会すると、月額2,000円(税込)で定例のゆるゆる読書会が受け放題。月1回の勉強会にも参加できます。

詳細はこちらから

オンライン朝活読書会、単発での参加もできます。

毎週火曜日:7:00am-7:45am/8:00am-8:45am/9:45am-10:30am
毎週木曜日:6:00am-6:45am
詳細はこちらから

オンラインゆるゆる夜活読書会。

単発でも、本がなくても参加できます。
参加費は1,000円(税込)
参加後のお支払いです。

詳細はこちらから

<その他>

おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

オンラインセッション/キャリアコンサルティング

詳細はこちら

読書会では話しにくい、個別に話をしたいという方のための相談メニュー。
ゆっくりとお話を伺い、一緒に解決策を探していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です