小さな親切の日

6月13日は「小さな親切の日」

ピアッザという地域密着SNSで知りました。Facebookの地域限定版みたいなアプリで、ご近所情報がチェックできるのです。引っ越してきたばかり私にはとてもありがたい情報源。社会とのつながりってとても大切だなと思います。

そして「小さな親切の日」について、初めて聞いたので調べてみました。

1963年(昭和38年)「小さな親切」運動本部が発足。この年の東京大学の卒業式の告辞で、総長の茅誠司が「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなった。(雑学ネタ帳より)

60年近く前からあったのですね。もしかしたら、どこかで聞いたことはあったかも知れないけど、意識してなかったのか覚えていません。

「人に親切にすれば、親切にされた人だけでなく、その行動をとった人にも良い影響を与える」という、科学的な研究結果も存在しています。(『幸せがずっと続く12の行動習慣』ソニア・リュボミアスキー著より)

誰かに親切にされたら、その人に親切を返すのではなく、その人以外の三人に親切な行為を行えば、21回目で世界中の人が、何かしらの親切を受けたことになって、世界が平和で満たされる。

映画『ペイ・フォワード』で、主人公の少年が考えた、世界中の人を幸せにする方法で、私が読書会で愛読している『ハーバードの人生を変える授業」でも紹介されています。

「小さな親切の日」

大きな親切ではなく、誰にでもできる、小さな親切というのも良いですね。みんなが1つずつでも、誰かに親切な気持ちで接すればあったかい1日が過ごせそうです。

<ご案内>

和然旅塾のゆるゆるオンラインサロン会員に入会すると、月額2,000円(税込)で定例のゆるゆる読書会が受け放題。

月1回の勉強会や、オンライン自習室にも参加できます。

詳細はこちらから

オンライン朝活読書会、単発での参加もできます。

毎週火曜日:7:00am-7:45am/8:00am-8:45am/9:45am-10:30am
毎週木曜日:6:00am-6:45am
詳細はこちらから

オンラインゆるゆる夜活読書会。

単発でも、本がなくても参加できます。
参加費は1,000円(税込)
参加後のお支払いです。

詳細はこちらから

 

<その他>

おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

オンラインセッション/キャリアコンサルティング

詳細はこちら

読書会では話しにくい、個別に話をしたいという方のための相談メニュー。
ゆっくりとお話を伺い、一緒に解決策を探していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です