カフェでやってる朝活読書会って何やるの?を解説。

朝活って何してるの?
みんなで集まって本読んでどうするの?
どんな人が来てるの?

気にはなっているけど、飛び込む勇気がない。
私なんかが行っても場違いじゃないだろうか。

私が朝活読書会を主催しているというと、多くの方に言われます。

佐賀で2017年から開催しているゆるゆる朝活読書会で大切にしていることは

自分の気持ちと向き合うことです。

どんなことをするのかわからない。謎の朝活、なんだか怖そう…を払拭するために、今日は朝活の様子をご紹介します。

↑こちら佐賀駅構内にあるシアトルズベストコーヒーさん

朝はこんな感じでがら〜んとしています。

カウンターで飲み物を注文したら席に着き、まずはゆっくり一口味わいます。そしてこの一週間を振り返って身の回りで起きたプチハッピーな出来事を参加者同士でシェアすることから始めます。

「大好きな野良猫を久々に見かけて嬉しかった」
「仕事を時間通りに終えて自炊できた」
「美味しいパン屋さんを見つけた」

特別すごいことや大きなことではなく、日常生活に転がっているであろう小さな幸せです

貸切のカフェではないので人数も5名程度。他の方のプチハッピーを聞くこの時間だけでも欲しかった情報をゲットできたり人の意見が参考になったりもします。ハッピーな気分で気分を少し高揚させてから本題へ入る流れです。

指定図書は『ハーバード大学の人生を変える授業』

先日メンタリストのDaiGoさんもYouTubeで紹介されていた名著です。

1セクション、4〜5P程度を
みんなで少しずつ声に出して輪読していきます。

*現在は『ハーバードの人生を変える授業2』で進行中。

あまり大きな声で読むと周りのお客様に迷惑ですので、お上品なボリュームで。毎回読み切りのため、どのタイミングからでも参加できるのもゆるゆると参加できるポイントです。

さて、一日で読む範囲は、2つのパートに分かれています。

【Think】考えるパート

【Action】行動に移すパート

まずはその日のお題について、自分と静かに向き合い、思い浮かぶ考えを紙に書いていきます。手を動かして書くことで、自分を客観的に見れたり、人前で自分の意見が話すのが苦手な人も、落ち着いて話すことができます。

さらに、各テーマに沿って他の書籍や資料を参考とした、オリジナルのプチテキストを使ってテーマの内容を補足し、1冊の本以上の内容をお伝えしております。

↓こちらがオリジナルのプチテキスト

参加者の方は朝活に何かしらの効果を求めています。

・早起きを習慣にしたい
・何か新しいことを始めたい
・生活に張り合いが欲しい
・普段会う機会のない人と接したい
・本を読む習慣を身に付けたい

参加動機、望まれる効果は様々ですが満足される方が多いのは、忙しい毎日、このような時間を取る場所が無いからだと思っています。

継続してご参加いただいている方の声はこちらから

45分間の読書会を終え次の予定へと気持ちよく向かわれるのを行ってらっしゃ〜いと見送り終了です。

ぜひ一度ご参加してみてください。

<ご案内>

2021年5月に佐賀でのゆるゆる朝活読書会は終了し、現在はオンラインに切り替えて開催しております。

和然旅塾のゆるゆるオンラインサロン会員に入会すると、月額2,000円(税込)で定例のゆるゆる読書会が受け放題。

月1回の勉強会や、オンライン自習室にも参加できます。

詳細はこちらから

もちろん読書会のみ、単発でも参加可能。

オンライン早朝朝活読書会は
毎週木曜日6:00am-6:45am
参加費:500円(税込)です。

詳細はこちらから

<その他>

おひとりメール無料講座

詳細はこちら

ゆっくりと、自分自身と会話するそんなメール講座です。

オンラインセッション/キャリアコンサルティング

詳細はこちら

読書会では話しにくい、個別に話をしたいという方のための相談メニュー。
ゆっくりとお話を伺い、一緒に解決策を探していきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


和然旅塾メルマガはこちらから

無料です